今はなき「DENIM CRAFT」の傑作チノ「VDC501B」

DENIM CRAFT「VDC501B」 01

DENIM CRAFT「VDC501B」 02

(株)ビッグジョンが展開していたブランド「DENIM CRAFT」のパンツ類の素晴らしさについては、当時、このブログでも数度、採り上げて紹介していた。

おそらく広報・販売方面でのまずさが影響しての事だと思うが、現在では完全に閉じてしまったようである。
しかし全てにおいて国内生産にこだわる、というそのブランドコンセプトは間違っていなかったし、実際に、同ブランドで販売された製品群のうち、特にパンツ類の価格に対しての品質の高さは、今見ても凄かったと思う。

当然ながらパンツの主力製品はデニムであったが、その良さについては過去記事(「デニムクラフトの第5ポケットに普段着の究極形を見出す」「日本製ジーンズを日々着用する」)を見ていただくとして、当時、デニムばかりしか履かなかった私がいつか履こうと買っておいたものの、ようやく最近になっておろしてみて、その良さに感動したのが同ブランドのワークチノ「VDC501B」だ。

DENIM CRAFT「VDC501B」 03

画像ではその良さをお伝え出来ないとは思うが、生地感、縫製、パターンともに最高に良い。
このチノが当時、実売で8,000円ちょっとで売っていたのである。
惜しいことをした。
無くなる前に数本、買っておけば良かったと思う。

(株)ビッグジョンのご担当者様、なんとか復活してもらえないものでしょうか。

スポンサーサイト

日本製オーブンレンジ 日立MRO-SV1000

日立MRO-SV1000_01

半年ばかり前・・・今年の正月の話だが、25年以上使い続けて来たシャープ製のオーブンレンジから異音がするようになり、加熱調理器具であるし、安全のためにいよいよ買い替える事になった。

記憶では過去に一度だけ修理したはずだが、それでも25年使えること自体がスゴイことで、「やっぱり日本製だね」と感心した次第。

新春初売りセールが一段落したタイミングだったこともあり、意外と空いていた家電量販店内で、家内と二人でズラッと展示されているオーブンレンジの全ての裏面や側面に貼られたスペックシールの中の生産国表記を見て回っていたのだが、シナ(CHINA)人爆買いのニュースで話題の炊飯器とは違って、同じIH調理器具でも驚く程に日本製・Made in JAPANは少ないのだ。

数十台展示してあっても、その中で日立の上位機種とパナソニックの一部機種だけが日本製・Made in JAPANなのである。

そして、そんな熱心にオーブンレンジを見て回る夫婦を放っておくハズもなく、案の定、ハッピ姿の店員がやって来た。

「オーブンレンジをお探しですか?」
「そうです」
「おススメはこちらになります。ポイントも沢山つきますし」
「あ、私、日本製のしか買わないんで」
「そうですよね、やっぱ日本製ですよね~。私も日立の日本製のを使ってます」

だったら、最初からそっちをおススメしろよって話だが、そんなわけで買ったのが、日立のヘルシーシェフ「MRO-SV1000」。

メーカーサイトはこちら
  ↓
http://kadenfan.hitachi.co.jp/range/lineup/mro-sv1000/index.html

日立MRO-SV1000_02

当然ながら、日本製です。

ムーンスターの国産スニーカー「RALY」

Moonstar CHIC INJECTION RALY NAVY_BLACK_01

(株)ムーンスター(月星化成)の靴については、以前にも書いたことがある。

2014/01/26投稿記事
「(株)ムーンスター(月星化成)国内生産品の凄さ」


もう3年以上前の記事だが、その頃からムーンスターの久留米工場で製造されている国産スニーカー「MADE IN KURUME」の大躍進は知る人も多かろう。
上記の過去記事でも書いた話だが、ずっと前から「コンバース」の一部のハイクォリティなラインのスニーカーをOEMで製造しているのも同工場である。

(株)ムーンスターの国産スニーカー「MADE IN KURUME」サイトはこちら
  ↓
http://www.moonstar-onlineshop.com/html/page17.html


今では稀少になってしまったヴァルカナイズ製法(加硫製法)をずっと世界最高水準で守り続けて来たことが同工場をここまで有名にしたのだから、私などは職業柄、実に学ぶところが多いのだ。
今では超有名セレクトショップやハイレベルなアパレル系ブランドとのダブルネーム、あるいは国内企業のモデルケースとしても常にメディアでも採り上げられている。

かくいう私も、ダブルネーム商品こそ手を出していないがムーンスターブランドで出されている同社の製品はかなり多く履かせていただいているのだ。

今年になってから購入した同社製品の中で、特に私が気に入ったのが「CHIC INJECTION RALY」というシリーズである。

CHIC INJECTION RALY NAVY_05
CHIC INJECTION RALY NAVY_02

メーカーの商品紹介ページはこちら
  ↓
http://www.moonstar.co.jp/madeinkurume/shoesdetail.php?shoes_cd=523010&product_cd=52301006


同社の看板商品「FINE VULCANIZED」とは製法が違うらしいのだが「ダイレクトインジェクション製法」たる技術が何なのかはメーカー公式サイトを参照していただくとして、これまで私が履いてきた「FINE VULCANIZED」のものより履き心地が格段に柔らかい。
これは人によって好みとか足型にもよるので何とも言えないが、私的には「最高」なのである。

CHIC INJECTION RALY NAVY_03

言うまでもないが「MADE IN JAPAN」

CHIC INJECTION RALY NAVY_04

「MADE IN KURUME」という表記も既に違和感が無くなった。

CHIC INJECTION RALY NAVY_06

箱までオサレになりました(笑)

産経新聞を読む理由

2017/03/26 産経新聞クリップ 01

上は既に2週間前、3月26日(日)の産経新聞の一面。
その頃、他紙が揃いも揃って一体何の話題を一面で扱っていたか、まあ説明する必要もないだろう。
上の画像では見切れてしまっているが、一面の右柱では、

『正男氏暗殺 総連首脳 北犯行と判断 正恩氏に批判噴出 内部へは「米韓謀略」』

を扱い、そして左では作家・曽野綾子さんの連載「小さな親切、大きなお世話」で「教育勅語 全否定でいいか」と題する寄稿を掲載していた。
この曽野綾子さんが書かれていた内容が、まさに当時、この1ヶ月以上に渡って繰り広げられていた、低劣野党とそれに便乗した低劣メディアの茶番に対して自分が抱いていたもの、全てを的確に表現されていて、「さすが」と感嘆し、紙面を保存していた。

産経を取っていない方々は特に、是非読んでいただきたい。

2017/03/26 産経新聞クリップ 02

あの当時から、誰がどう見ても危急な大問題は、暴走をさらに加速する北朝鮮である。
実兄・金正男をVXガスを使ってオウムさながらに暗殺する等という事は正気の沙汰でない。
正気の沙汰でない輩が、噴飯モノの変な髪型にするくらいならば笑い話に出来るが、核実験、ミサイル発射実験を異常な速度で進め、アメリカ本土への核ミサイル攻撃を公言し、保護者役のシナ(CHINA)にさえ反抗する態度を露わにしているのである。
シリアへの巡航ミサイルによる攻撃が即決された現状からすれば、当然の流れでトランプ政権の米国は、何らかの形で直接的な北朝鮮への先制攻撃を近いうちに行うだろう。

これほど現実的な朝鮮有事直前の状況に於いて、自分の意思で朝鮮半島へ行っている「邦人」がどうなろうが「そんなのは自己責任」だと、釣られて言うつもりはさらさら無いが、朝鮮人が大量に難民化して日本へ上陸するという悪夢もすぐ目の前に迫っているのだ。
本当に具体的な問題として、それらの点だけでも南朝鮮へ大使を一時的に戻す必要が生じていることなども、冷静に考えれば誰でも察することが出来よう。

それにそれよりも遥かに大切なことをまさか忘れてはいないだろうか。
北朝鮮には日本から拉致された被害者の方々が大勢いるのである。
当然ながら、米国の先制攻撃と同時に、軍事作戦による拉致被害者の救出も具体的な段階に入っているはずなのだ。

まともな日本人であるのならば、なにより心を痛め、心配で苦しくなっているはずだ。
そんな中、本日4月9日(日)の産経新聞一面で、横田夫妻の連載の初回が掲載された。

2017/04/09 産経新聞クリップ 01

とても涙なしには読めない。
連載は二面へ続いているが、一面の最後で、横田夫妻が書かれている事を低劣野党や低劣マスゴミは心して読むといい。

2017/04/09 産経新聞クリップ 02

本日、4月9日の産経の「新聞に喝!」には門田隆将さんが「放棄された使命と責任」と題して一文を掲載されている。

2017/04/09 産経新聞クリップ 03

この門田さんの文章全体は産経Webニュースでも公開されている。

http://www.sankei.com/column/news/170409/clm1704090005-n1.html

ここまでの流れを統括していただいたような内容なので、その一部を紹介させていただきたい。

2017/04/09 産経新聞クリップ 04

この期に及んで、まだ「花見でテロリストになる」とか、阿呆丸出しの議論を続ける低劣野党も、それらに便乗する低劣メディアも、そろそろ自分たちだけが馬鹿だと気付くべきだ。

日本製 G-SHOCK 「GW-5000-1JF」 ORIGIN

カシオ計算機 G-SHOCK「GW-5000-1JF」 01

私の世代にとってカシオの「G-SHOCK」は特別な意味を持つ。
それがこの世に初めて出た頃(1983年)は、まさに「モノ」についての関心と情熱が芽生えた頃であり、雑誌「POPEYE」や創刊されたばかりの「モノ・マガジン」あたりを読み漁っていた世代である。
意味もなくオーバースペックな「モノ」の数々に憧れを抱き、とても手の届かない金額のそれらをいつか手にする日々を夢見た年代だった。

そんな頃に
「落としても壊れない」
「水深10メートルに沈めても平気」
「電池交換が10年不要」
という当時としては「夢のような」スペックを持って登場したG-SHOCKはまさに男子中高生の憧れの的だったのだ。

だが、何故か私はこれまでの人生で、一度もG-SHOCKを入手したことが無かった。

「腕時計」という分野は今も昔もピンキリの激しいジャンルであり、特に「CASIOの腕時計」という独特なイメージが自分の中で「そそられなかった」のと、やはり当時「デジタル時計」は「チープ」の象徴のように捉える風潮があった事などが原因なのかもしれない。
自分が初めて親から与えられた腕時計が当時セイコーから出された廉価ラインのブランド「ALBA」(!)のデジタル時計であったことも、自分の憧れの対象を「デジタルではなく、アナログのクオーツ時計」へと向かわせていたのだろう。

やがて携帯電話を持つ事が普通な世の中になり、また仕事の大半がPCの画面を見て行うような現在のスタイルになってしまうと、腕時計を持つ最大の意味である「現在時刻を時計で確認する」という必要性そのものが無くなってしまったのだから、私自身もこの10年近く、普段は腕時計をしないで済ませて来たのだ。

その気持ちが突然揺らぎ、「これはどうしても欲しい」と思ったG-SHOCKが今回紹介する「GW-5000-1JF」だった。
複雑多岐にわたるシリーズ展開のG-SHOCKの中で、この「GW-5000-1JF」は1983年に初めてこの世に出たG-SHOCKの初代モデル「DW-5000」のデザインの流れを受け継ぐ「ORIGIN」の中の1モデル。

カシオ計算機 G-SHOCK「GW-5000-1JF」 02

初代モデル同様のフルメタルケースでスクリューバック、そして電池交換不要の「タフソーラー」、さらに時刻合わせすらも不要な世界6局の標準電波を受信する「マルチバンド6」までもが搭載されたからだ。
いつでも正確な時刻を確認する道具として「これはこれであり」な完成度にまで到達したというべきだろう。

カシオ計算機株式会社の「GW-5000-1JF」公式情報ページはこちら
  ↓
http://products.g-shock.jp/_detail/GW-5000-1/
  ↓
http://casio.jp/wat/watch_detail/GW-5000-1/

私にとっての「G-SHOCK」のイメージは、後に世に出たデジタルとアナログのハイブリットなデコラティブモデルではなく「これ」なのだ。
以前にはチープにしか見えなかった液晶画面のみのこのスクエアデザインが、今では潔さすら感じるエバーグリーンなものに見えるのだから、これはデザインの力なのだろう。
そして人によっては大きく評価が分かれるウレタンバンドも、私的には「G-SHOCKはこれでなくちゃ」なポイント。

そしてなんとこのモデル「GW-5000-1JF」は・・・
日本製「MADE IN JAPAN」なのだ。

カシオ計算機 G-SHOCK「GW-5000-1JF」 03


ここまで来た「G-SHOCK」は間違いなく「買い」だろう。

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク