トランプ大統領が横田めぐみさんに触れた事

2017/09/20産経ニュースクリップ

元記事へのリンクはこちら
  ↓
http://www.sankei.com/world/news/170920/wor1709200037-n1.html


関連記事
  ↓
http://www.sankei.com/world/news/170919/wor1709190057-n1.html


トランプ大統領が国連総会での演説の中で、横田めぐみさんについて触れたという産経ニュース記事。
これは本当に大きな前進だと私も思う。

スポンサーサイト

今年も8月15日に

2017/08/15 護国神社 01

今年の8月15日も早朝に護国神社へ参拝。

そして参拝の後に小野田寛郎少尉の
「ルバング島 戦後30年の戦いと靖国神社への思い」
を再び読む。

2017/08/15 「ルバング島 戦後30年の戦いと靖国神社への思い」小野田寛郎_明成社

明成社が小中高校生向けに出している「まほろばシリーズ」の一冊だ。

学校授業の副読本として企画されたブックレットなので、書籍としては非常に薄い(34頁)が、大東亜戦争に至るまでの歴史的な背景の中で、日本が置かれていた立場、そして小野田少尉が終戦後30年に渡って任務を遂行し続けた過程、帰国後の日本の実情に対する失望などが短い文章の中で語られる。

子供の頃に小野田少尉の帰国のニュースに接して以来、私にとって常に目指すべき心の師である小野田少尉が遺した本に触れるたびに、いつも「しゃんとせい!」と言われている気持ちになるのだ。

我が家のカレンダー

「英霊にこたえる会」事務局の方から維持会費についての案内が届くと

20170801_英霊にこたえる会

ああ、もう来年のカレンダーの時期か、と思う訳ですが、
(↑分かる人にはわかる話)
我が家のカレンダーと言えば、もちろん「靖國カレンダー」である。
少し前までは毎年年末に靖國神社へ参拝出来たので、
その時に買っていた頃もあったが、
今では事務局へ直接お願いしている。

20170801_靖國カレンダー

そして我が家の定番カレンダーと言えば、もう一つ、

田中シュウリ氏_帝國陸海軍機カレンダー_01

(株)国書刊行会から毎年出ている田中ショウリ氏による
帝國陸海軍機のカレンダーである。
(かつては海軍機のみだった年もあったような気がする)
※ちなみに上の画像は昨年、平成28(2016)年版の表紙。

田中シュウリ氏_帝國陸海軍機カレンダー_02

今月8月は帝國陸軍機、「川崎 九九式双軽爆撃機一型(キ-48II)」。

田中ショウリ氏は市販のプラモデルを使用して、
本物さながらの臨場感ある軍用航空機写真を撮影される名手で
その世界では超有名なお方。
私はこのカレンダーのファンで、
以前は何のカレンダーを買っていたのか
思い出せないくらい、ずっと毎年このシリーズ。

我が家に来て、カレンダーを見た人は言います。

「ガチですね」

今はなき「DENIM CRAFT」の傑作チノ「VDC501B」

DENIM CRAFT「VDC501B」 01

DENIM CRAFT「VDC501B」 02

(株)ビッグジョンが展開していたブランド「DENIM CRAFT」のパンツ類の素晴らしさについては、当時、このブログでも数度、採り上げて紹介していた。

おそらく広報・販売方面でのまずさが影響しての事だと思うが、現在では完全に閉じてしまったようである。
しかし全てにおいて国内生産にこだわる、というそのブランドコンセプトは間違っていなかったし、実際に、同ブランドで販売された製品群のうち、特にパンツ類の価格に対しての品質の高さは、今見ても凄かったと思う。

当然ながらパンツの主力製品はデニムであったが、その良さについては過去記事(「デニムクラフトの第5ポケットに普段着の究極形を見出す」「日本製ジーンズを日々着用する」)を見ていただくとして、当時、デニムばかりしか履かなかった私がいつか履こうと買っておいたものの、ようやく最近になっておろしてみて、その良さに感動したのが同ブランドのワークチノ「VDC501B」だ。

DENIM CRAFT「VDC501B」 03

画像ではその良さをお伝え出来ないとは思うが、生地感、縫製、パターンともに最高に良い。
このチノが当時、実売で8,000円ちょっとで売っていたのである。
惜しいことをした。
無くなる前に数本、買っておけば良かったと思う。

(株)ビッグジョンのご担当者様、なんとか復活してもらえないものでしょうか。

日本製オーブンレンジ 日立MRO-SV1000

日立MRO-SV1000_01

半年ばかり前・・・今年の正月の話だが、25年以上使い続けて来たシャープ製のオーブンレンジから異音がするようになり、加熱調理器具であるし、安全のためにいよいよ買い替える事になった。

記憶では過去に一度だけ修理したはずだが、それでも25年使えること自体がスゴイことで、「やっぱり日本製だね」と感心した次第。

新春初売りセールが一段落したタイミングだったこともあり、意外と空いていた家電量販店内で、家内と二人でズラッと展示されているオーブンレンジの全ての裏面や側面に貼られたスペックシールの中の生産国表記を見て回っていたのだが、シナ(CHINA)人爆買いのニュースで話題の炊飯器とは違って、同じIH調理器具でも驚く程に日本製・Made in JAPANは少ないのだ。

数十台展示してあっても、その中で日立の上位機種とパナソニックの一部機種だけが日本製・Made in JAPANなのである。

そして、そんな熱心にオーブンレンジを見て回る夫婦を放っておくハズもなく、案の定、ハッピ姿の店員がやって来た。

「オーブンレンジをお探しですか?」
「そうです」
「おススメはこちらになります。ポイントも沢山つきますし」
「あ、私、日本製のしか買わないんで」
「そうですよね、やっぱ日本製ですよね~。私も日立の日本製のを使ってます」

だったら、最初からそっちをおススメしろよって話だが、そんなわけで買ったのが、日立のヘルシーシェフ「MRO-SV1000」。

メーカーサイトはこちら
  ↓
http://kadenfan.hitachi.co.jp/range/lineup/mro-sv1000/index.html

日立MRO-SV1000_02

当然ながら、日本製です。

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク