党首討論会で際立つ総理の「正常」とその他の「異常」

2017/10/08産経ニュースクリップ

衆議院議員選挙の公示を前にして昨日8日に日本記者クラブで行われた党首討論会についての「報道」で最も読む価値があったのは産経新聞の論説委員・阿比留瑠比さんの「阿比留瑠比の党首討論観戦記」だろう。

【阿比留瑠比の党首討論観戦記】へのリンク
  ↓
http://www.sankei.com/premium/news/171008/prm1710080026-n1.html


「反自民」で「反日」の政党やマスコミが今でも必死に縋り付く「モリカケ」だか「カケモリ」だか何だかの次元の低い話題にいつまでもいつまでも執着する姿は、まさに「異常者」である。
仮に「異常者」でないとしたら、こんな危急の状況であるのに、論点をどーでもいい手続き上のミスだの胡散臭い「カゴイケ」夫妻の詐術茶番劇場だの想像の域での「あったに違いない」優遇などの矮小な問題にすり替えて見せるのは、あまりに日本国民を愚弄した態度だ。
「アカが書き、ヤクザが売ってバカが読む」という傑作コピーを生み出した人の秀逸なセンスを心から尊敬したい。
サンゴ落書き捏造新聞を筆頭とする、この手の一部マスコミ記者の劣化ぶりは相当深刻なようだ。

安倍首相の言葉にあったように、今現在の東アジア情勢の緊迫の度合いは、まさにこの日本の将来を大きく左右する状況であり、「核兵器」を手にした「狂気のかりあげ君(別名・リトルロケットマン)」によって予測出来ぬ大暴走を続ける北朝鮮を目の前にして、最悪の事態を抑え「この国を守り抜く」ため、更なる強硬な圧力が必要なのは当然の事だ。
更にこんな状況で国を護る最後の砦である自衛隊の立場ですら未だ明確に出来ない穴だらけの憲法をよりまともなものにするためにも、この選挙を機に、ここで「足を引っ張る」他国の意のままに動く工作員議員たちは一人でも多く国会から退場させておくべきだろう。
彼らには他人のミスや言葉尻を掴んでつまらぬ非難を繰り返したり足を引っ張る事以外にはまるで能は無く、間違って政権でも担当させようものならとんでもない事になるのは、あの暗黒の「民主党政権」時代で皆が思い知ったハズだ。

「他国の意のまま動く工作員」は国会議員やマスコミだけではない。

2017/10/07産経ニュース・クリップ01

「一般人」「国民」「市民」を装い、さまざまな所で工作活動を行っている。

2017/10/07産経ニュース・クリップ02
2017/10/07産経ニュース・クリップ03
2017/10/07産経ニュース・クリップ04
(※画像は全て産経ニュースよりクリップ)

「国難」は安倍首相でも自民党でもなく「お前」のような「異常者」なのだ。

安全なこの国で叫んで見せる「リトル・プラカードマン」達よ。
「アンチ・ファシスト」のプラカードは「狂気のかりあげ君(別名・リトルロケットマン)」の目の前に掲げるべきだが、君らにそんな勇気が無いことは国民全員が知っている(笑)。

少しでも民主主義が大事だと思うのなら、天安門広場で民主主義を訴えるプラカードを掲げて叫べばよい。
だが君らにそんな勇気が無いことは誰もが知っている(笑)。

この手の「異常者」の特徴は、自分に甘く他人に厳しい。
そして、自分の身に危険が及ぶ対象に向かっていく勇気は無いが、自分の身が安全な相手には強気に出る。
所謂「モラハラ」常習者や「クレーマー」と共通の性向を持つ、まさに「異常者」気質の持ち主たちなのだ。

例を挙げれば、与党の議員の不倫は徹底的に厳しく追及するが、自分自身も年下の男と不倫をしていたりする。
不倫そのものは厳密にいえば「程度の問題」でもあるし、極論をいえば「当事者たちの問題」であって、国会でわざわざ時間を割くべきレベルの話では無い。
別に、かのジャンヌダルクだか色情狂だかをそのことでどうこう言う気も起らない。
政治家は政治の面で評価されればそれでいいと思うが、当の本人が他の議員をそのことであげつらっておきながら、自分もやっているからバカにされるだけの事である。
だが「異常者」は他者の批判に夢中で、自分自身の異常さを省みることはない。
何故なら「異常者」だからだ(笑)。
全く同じ性向は朝鮮半島やシナ(CHINA)にも見ることが出来る。
あちらの政府の要人から「一般市民」の街頭インタビューまで「お前ら自身の事は棚にあげて、何言ってんだコイツ」という発言のオンパレードだから、上記の「リトル・プラカードマン」の面々も、もしかしたら共通の遺伝子をお持ちの方々なのかもしれない。

上記で紹介した「アカが書き、ヤクザが売ってバカが読む」という傑作コピーは、かつて暗黒の「民主党政権」だった頃に広く認知されたものの一つだと認識しているが、保守系の人々の言葉遣いには実に秀逸な笑いのセンスがある。
そしてこれは「健常」な人と「異常者」を見分ける大きなポイントの一つなのだ。
安倍首相の会話には、本当に多くのウイットというか笑いのセンスが満ちていて感服するのだが、「異常者」たる反日政党、反日マスコミの面々の話は本当に呆れるほどつまらない。
私は別に「革新」系や新自由主義者だからといって全てを否定したりはしない。
ただ、話のつまらない連中の話は聞きたくないだけである。
上記の画像の中の群衆面々の持つプラカードの中に一つでも秀逸なのがあれば評価しようかとすら思っていたのだが、残念ながら「異常者」である彼らにセンスを期待する方が間違っていたようだ。

かつてこのブログでも紹介したが、山本夏彦氏の「当人論」では日本国内に特有な、この手の「異常者」諸君について明確に論じているので、この選挙を機にまた読み返してみるのもおススメだ。

スポンサーサイト

トランプ大統領が横田めぐみさんに触れた事

2017/09/20産経ニュースクリップ

元記事へのリンクはこちら
  ↓
http://www.sankei.com/world/news/170920/wor1709200037-n1.html


関連記事
  ↓
http://www.sankei.com/world/news/170919/wor1709190057-n1.html


トランプ大統領が国連総会での演説の中で、横田めぐみさんについて触れたという産経ニュース記事。
これは本当に大きな前進だと私も思う。

今年も8月15日に

2017/08/15 護国神社 01

今年の8月15日も早朝に護国神社へ参拝。

そして参拝の後に小野田寛郎少尉の
「ルバング島 戦後30年の戦いと靖国神社への思い」
を再び読む。

2017/08/15 「ルバング島 戦後30年の戦いと靖国神社への思い」小野田寛郎_明成社

明成社が小中高校生向けに出している「まほろばシリーズ」の一冊だ。

学校授業の副読本として企画されたブックレットなので、書籍としては非常に薄い(34頁)が、大東亜戦争に至るまでの歴史的な背景の中で、日本が置かれていた立場、そして小野田少尉が終戦後30年に渡って任務を遂行し続けた過程、帰国後の日本の実情に対する失望などが短い文章の中で語られる。

子供の頃に小野田少尉の帰国のニュースに接して以来、私にとって常に目指すべき心の師である小野田少尉が遺した本に触れるたびに、いつも「しゃんとせい!」と言われている気持ちになるのだ。

我が家のカレンダー

「英霊にこたえる会」事務局の方から維持会費についての案内が届くと

20170801_英霊にこたえる会

ああ、もう来年のカレンダーの時期か、と思う訳ですが、
(↑分かる人にはわかる話)
我が家のカレンダーと言えば、もちろん「靖國カレンダー」である。
少し前までは毎年年末に靖國神社へ参拝出来たので、
その時に買っていた頃もあったが、
今では事務局へ直接お願いしている。

20170801_靖國カレンダー

そして我が家の定番カレンダーと言えば、もう一つ、

田中シュウリ氏_帝國陸海軍機カレンダー_01

(株)国書刊行会から毎年出ている田中ショウリ氏による
帝國陸海軍機のカレンダーである。
(かつては海軍機のみだった年もあったような気がする)
※ちなみに上の画像は昨年、平成28(2016)年版の表紙。

田中シュウリ氏_帝國陸海軍機カレンダー_02

今月8月は帝國陸軍機、「川崎 九九式双軽爆撃機一型(キ-48II)」。

田中ショウリ氏は市販のプラモデルを使用して、
本物さながらの臨場感ある軍用航空機写真を撮影される名手で
その世界では超有名なお方。
私はこのカレンダーのファンで、
以前は何のカレンダーを買っていたのか
思い出せないくらい、ずっと毎年このシリーズ。

我が家に来て、カレンダーを見た人は言います。

「ガチですね」

産経新聞を読む理由

2017/03/26 産経新聞クリップ 01

上は既に2週間前、3月26日(日)の産経新聞の一面。
その頃、他紙が揃いも揃って一体何の話題を一面で扱っていたか、まあ説明する必要もないだろう。
上の画像では見切れてしまっているが、一面の右柱では、

『正男氏暗殺 総連首脳 北犯行と判断 正恩氏に批判噴出 内部へは「米韓謀略」』

を扱い、そして左では作家・曽野綾子さんの連載「小さな親切、大きなお世話」で「教育勅語 全否定でいいか」と題する寄稿を掲載していた。
この曽野綾子さんが書かれていた内容が、まさに当時、この1ヶ月以上に渡って繰り広げられていた、低劣野党とそれに便乗した低劣メディアの茶番に対して自分が抱いていたもの、全てを的確に表現されていて、「さすが」と感嘆し、紙面を保存していた。

産経を取っていない方々は特に、是非読んでいただきたい。

2017/03/26 産経新聞クリップ 02

あの当時から、誰がどう見ても危急な大問題は、暴走をさらに加速する北朝鮮である。
実兄・金正男をVXガスを使ってオウムさながらに暗殺する等という事は正気の沙汰でない。
正気の沙汰でない輩が、噴飯モノの変な髪型にするくらいならば笑い話に出来るが、核実験、ミサイル発射実験を異常な速度で進め、アメリカ本土への核ミサイル攻撃を公言し、保護者役のシナ(CHINA)にさえ反抗する態度を露わにしているのである。
シリアへの巡航ミサイルによる攻撃が即決された現状からすれば、当然の流れでトランプ政権の米国は、何らかの形で直接的な北朝鮮への先制攻撃を近いうちに行うだろう。

これほど現実的な朝鮮有事直前の状況に於いて、自分の意思で朝鮮半島へ行っている「邦人」がどうなろうが「そんなのは自己責任」だと、釣られて言うつもりはさらさら無いが、朝鮮人が大量に難民化して日本へ上陸するという悪夢もすぐ目の前に迫っているのだ。
本当に具体的な問題として、それらの点だけでも南朝鮮へ大使を一時的に戻す必要が生じていることなども、冷静に考えれば誰でも察することが出来よう。

それにそれよりも遥かに大切なことをまさか忘れてはいないだろうか。
北朝鮮には日本から拉致された被害者の方々が大勢いるのである。
当然ながら、米国の先制攻撃と同時に、軍事作戦による拉致被害者の救出も具体的な段階に入っているはずなのだ。

まともな日本人であるのならば、なにより心を痛め、心配で苦しくなっているはずだ。
そんな中、本日4月9日(日)の産経新聞一面で、横田夫妻の連載の初回が掲載された。

2017/04/09 産経新聞クリップ 01

とても涙なしには読めない。
連載は二面へ続いているが、一面の最後で、横田夫妻が書かれている事を低劣野党や低劣マスゴミは心して読むといい。

2017/04/09 産経新聞クリップ 02

本日、4月9日の産経の「新聞に喝!」には門田隆将さんが「放棄された使命と責任」と題して一文を掲載されている。

2017/04/09 産経新聞クリップ 03

この門田さんの文章全体は産経Webニュースでも公開されている。

http://www.sankei.com/column/news/170409/clm1704090005-n1.html

ここまでの流れを統括していただいたような内容なので、その一部を紹介させていただきたい。

2017/04/09 産経新聞クリップ 04

この期に及んで、まだ「花見でテロリストになる」とか、阿呆丸出しの議論を続ける低劣野党も、それらに便乗する低劣メディアも、そろそろ自分たちだけが馬鹿だと気付くべきだ。

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク