産経新聞を読む理由

2017/03/26 産経新聞クリップ 01

上は既に2週間前、3月26日(日)の産経新聞の一面。
その頃、他紙が揃いも揃って一体何の話題を一面で扱っていたか、まあ説明する必要もないだろう。
上の画像では見切れてしまっているが、一面の右柱では、

『正男氏暗殺 総連首脳 北犯行と判断 正恩氏に批判噴出 内部へは「米韓謀略」』

を扱い、そして左では作家・曽野綾子さんの連載「小さな親切、大きなお世話」で「教育勅語 全否定でいいか」と題する寄稿を掲載していた。
この曽野綾子さんが書かれていた内容が、まさに当時、この1ヶ月以上に渡って繰り広げられていた、低劣野党とそれに便乗した低劣メディアの茶番に対して自分が抱いていたもの、全てを的確に表現されていて、「さすが」と感嘆し、紙面を保存していた。

産経を取っていない方々は特に、是非読んでいただきたい。

2017/03/26 産経新聞クリップ 02

あの当時から、誰がどう見ても危急な大問題は、暴走をさらに加速する北朝鮮である。
実兄・金正男をVXガスを使ってオウムさながらに暗殺する等という事は正気の沙汰でない。
正気の沙汰でない輩が、噴飯モノの変な髪型にするくらいならば笑い話に出来るが、核実験、ミサイル発射実験を異常な速度で進め、アメリカ本土への核ミサイル攻撃を公言し、保護者役のシナ(CHINA)にさえ反抗する態度を露わにしているのである。
シリアへの巡航ミサイルによる攻撃が即決された現状からすれば、当然の流れでトランプ政権の米国は、何らかの形で直接的な北朝鮮への先制攻撃を近いうちに行うだろう。

これほど現実的な朝鮮有事直前の状況に於いて、自分の意思で朝鮮半島へ行っている「邦人」がどうなろうが「そんなのは自己責任」だと、釣られて言うつもりはさらさら無いが、朝鮮人が大量に難民化して日本へ上陸するという悪夢もすぐ目の前に迫っているのだ。
本当に具体的な問題として、それらの点だけでも南朝鮮へ大使を一時的に戻す必要が生じていることなども、冷静に考えれば誰でも察することが出来よう。

それにそれよりも遥かに大切なことをまさか忘れてはいないだろうか。
北朝鮮には日本から拉致された被害者の方々が大勢いるのである。
当然ながら、米国の先制攻撃と同時に、軍事作戦による拉致被害者の救出も具体的な段階に入っているはずなのだ。

まともな日本人であるのならば、なにより心を痛め、心配で苦しくなっているはずだ。
そんな中、本日4月9日(日)の産経新聞一面で、横田夫妻の連載の初回が掲載された。

2017/04/09 産経新聞クリップ 01

とても涙なしには読めない。
連載は二面へ続いているが、一面の最後で、横田夫妻が書かれている事を低劣野党や低劣マスゴミは心して読むといい。

2017/04/09 産経新聞クリップ 02

本日、4月9日の産経の「新聞に喝!」には門田隆将さんが「放棄された使命と責任」と題して一文を掲載されている。

2017/04/09 産経新聞クリップ 03

この門田さんの文章全体は産経Webニュースでも公開されている。

http://www.sankei.com/column/news/170409/clm1704090005-n1.html

ここまでの流れを統括していただいたような内容なので、その一部を紹介させていただきたい。

2017/04/09 産経新聞クリップ 04

この期に及んで、まだ「花見でテロリストになる」とか、阿呆丸出しの議論を続ける低劣野党も、それらに便乗する低劣メディアも、そろそろ自分たちだけが馬鹿だと気付くべきだ。

スポンサーサイト

謹賀新年

20170101_護国神社_01

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます

このところ、ペットの世話の関係で、休日といえども毎日欠かさず早起きする習慣がついた為、今年は早朝六時台に護国神社へ初詣に行きました。

毎年八月十五日に参拝する際にはいつもこの時間帯なのですが、初詣としてこの時間帯に参拝したのは初めての事。

20170101_護国神社_02

当然のことながら露店や社務所は閉まっていますが、非常に空いていて何か得した気分。

本年が我が国にとって、よい一年となりますように。

リオ五輪 祝! 内村航平の個人総合2連覇

本当に、スゴイ! の一言。そして感動だ。

リオ五輪での体操男子個人総合で内村航平選手が2連覇を果たした今朝のニュースでまずは感動。
そして、その後に配信されたデイリースポーツの記事で更に感動した。

2016/08/11デイリースポーツクリップ01

元記事へのリンクはこちら
  ↓
http://www.daily.co.jp/olympic/2016/08/11/0009376449.shtml

こういう記事を目にする度に、スポーツの世界の最良の部分に触れた思いで、心が豊かになる。

そして更に、マスゴミと言うものは、世界どこでもこんなもんだなと嘆息するのだ。

靖國神社、そして千鳥ヶ淵へ

2016/07/10靖國神社01

アップが遅れてしまいましたが、先日7月10日(日)に靖國神社へ。
(モチ、参議院議員選挙は期日前投票済デス)

2016/07/10靖國神社02

本日13日からの「みたままつり」の準備中でした。

2016/07/10靖國神社03

恒例となった、東北の祭からの奉納。
「仙台七夕」を神門へ設置の最中。

2016/07/10靖國神社04

若い参拝者が圧倒的に多い。
我が国の将来を思い、心強くなりますね。

そして靖國神社への参拝の後には・・・

2016/07/10千鳥ヶ淵戦没者御苑01

いつもように千鳥ヶ淵戦没者御苑にて、献花と合掌。

当時の在日米軍、バートン・フィールド司令官の言葉

本日の産経新聞にも掲載されていた記事

2016/03/11産経ニュース クリップ01

元記事の掲載先URLはこちら
  ↓
http://www.sankei.com/world/news/160311/wor1603110029-n1.html

フィールド司令官の言葉、
「友人、同盟国としてやるべきことをした。それはただ義務ということではなく、愛によるものだった。われわれは手助けをしただけで、真のヒーローは自衛隊だ」
に胸を打たれた。

実際の危機的な状況の現場で、自らの身を挺し、命を懸けて任務に就く人からは、こういう本物の言葉が出る。

産経紙面では、震災直後から、捜索犬のラッカーと共に生存者の捜索に当たった米捜索救助隊メンバー、エリザベス・クライトラーさんへの取材記事、『「日本人の強靱さが心に残った」 生存者捜索に当たった米救助隊が回顧 』とセットで掲載されていた。
こちらの記事も大変素晴らしいので、是非、一読をおすすめしたい。
  ↓
【東日本大震災5年】「日本人の強靱さが心に残った」 生存者捜索に当たった米救助隊が回顧
http://www.sankei.com/world/news/160311/wor1603110039-n1.html


プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク