スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機の時こそ本性が見える -UNIQLO柳井の醜態-

ネット上でかなりの盛り上がりを見せていた話題だったので、日頃からことあるごとにシナクロ(UNIQLO)批判をして来た私としては、柳井がどう事を納めるか、静観していた。

ことの発端は9月15日の記事である。

シナクロ(UNIQLO)反日デモ対応 その1

例のシナ(CHINA)での反日デモの最中に、シナクロ(UNIQLO)の上海の店舗がウインドーに「尖閣諸島は中国固有の領土である」という意味の言葉が書かれた紙を張り出した。
そしてその写真がシナ(CHINA)判ツイッターの「ウェイポ」とかいうところにアップされたのだ。
この情報は、日本でも9月15日に出回り始めた。

ただし、この時点でまだシナクロ(UNIQLO)側はコメントを出していない。
シナクロ(UNIQLO)がコメントを出したのは18日になってからである。

シナクロ(UNIQLO)反日デモ対応 その2

「この店舗の現地従業員が独断で行った」
「40分後に撤去した」
「一私企業が政治的外交的問題に関していかなる立場もとるべきではないと考えており、このような事があったことは大変遺憾」
なんですとさ。

要は「会社としては関係ありません」「責任はありません」と言いたい訳。
これに対して、世間も市場も正直に反応する。

シナクロ(UNIQLO)反日デモ対応 その3

まあ、当然だわな。
としかいいようがない。

自己の業績に対する執着だけは人一倍のシナクロ(UNIQLO)柳井は「これはまずい」と思ったのだろう。
次に打ったのはこんな手である。

シナクロ(UNIQLO)反日デモ対応 その4

あの問題の張り紙は「上海の地元警察の指示で」「現地の中国人店長が」「独断で」「40分間」だけ貼った。シナ(CHINA)人店長は「最初は社の方針にしたがって指示を無視していたが」シナ(CHINA)警察に「強い口調で言われたため」やむを得ず「デモ隊が通り過ぎるまでの間」だけ貼ったと、必死の言い訳、抗弁である。

人間、危機の時にどう対処するかで、その本性が垣間見れる。

日頃、莫大な広告費を握らせているマスメディアなら、シナクロ(UNIQLO)に都合のよいこうした「言い訳」を流して、イメージ回復に貢献してくれるとでも思ったのだろう。
しかし金の為には国家の主権が関わる問題にも口をつぐんではぐらかし、こうして真偽も定かではない「どういう状況でそうしたのか」という言い訳だけを必死になって涙目で言い回ることで、自らに対する批判の矛先を変えたいという柳井正の狡猾さだけは人々の印象に強く残る結果となった。
が、そこには一企業人としての信念も、日本人としての覚悟も何一つ感じられない。
終始、責任を他人に押し付けようとし続けるその姿は、実に哀れで惨めな男である。

柳井正という男が、いかに器の小さい醜悪な人物であるか、こういうところで社会全体に知れ渡ることになった。

これは支那人による反日デモの、思いもかけない副産物なのでありました。

スポンサーサイト

サントリーという胡散臭い会社のこと

サントリーの本性

本日MSN産経でアップされた上記の記事はもとより、かなり昔からサントリーという会社に胡散臭さを感じていた。

最も顕著になったのは、烏龍茶の販売を国内で先駆けて大々的に展開し始めた30年ほど前からだろう。
やたらと支那イメージアップのCM戦略で親中のお先棒を担いでいた企業として、常に黒いリストに挙がっていた企業だ。
そしてこのところでは横顔撮影厳禁の朝鮮人整形俳優・軍足君を使って気味の悪いCMを垂れ流している。
そして上記クリップの記事とくれば、どちらを向いている企業なのかはおのずと知れる。
ちなみにサントリーは、朝鮮企業「ロッテ」や民主党「イオングループ」と深いつながりがある。

日本を愛する者が、敢えてその商品を買うべき企業でない事は言うまでもない。

フジTV、花王よ。日本人を甘く見過ぎたね。

花王の不買運動へ発展!
【上記、楽天インフォシークよりクリップ】

Webウォッチャーの家内から、「Amazonの花王『アタックNeo つめかえ用』のレビューが物凄いことになっているよ!」と言われて覗いてみて驚いた。

おおーっ! すごい。
ある意味、感動である。
日本人もここまでやるんだね。
やっぱり捨てたもんじゃないよ、日本国民!

いや、つまりここまで多くの国民が、高岡蒼甫と同じことに疑問を感じ、不満に思っていたのだと思うと、日頃の「マスコミ=電通」の横暴に対する鬱憤・不満が一気に吹き飛ばされた。
当ブログでも以前、花王と電通の関係について触れた部分があったが、「南朝鮮=電通=マスコミ(特に今回はフジテレビ)」による、「反日親韓」国民洗脳作戦も、見事に失敗していたと言えるだろう。
しかし、今回攻撃の照準を大スポンサーに合わせたネットユーザーは実に見事だ。
多くの心ある人達が「何とか電通を潰せないか」「何とか反日マスコミを潰せないか」と本気で考えていただろうが、何となく攻撃の糸口が見えたような気がする。
何より、人々の心の底にある正義感というものは、腹黒い連中の小細工・工作でどうこう出来るものじゃないのだと確信し、本当に安心した。

まずは、勇気ある高岡蒼甫に感謝。
そして花王に電凸し、その非常識な対応をアップしてくれたネットユーザー、それに呼応して実力行使に踏み切った人々に感謝である。

まじめな話、今夜は良く眠れそうだ。

カゴメと日本デルモンテの愚かな行動

kagome_delmonte02.gif
この震災に際して、菅直人や民主党の判断と発表の仕方のまずさは勿論の事だが、日本の企業の中にも全くもって愚かな行動を選択したところが出た。既にニュースでも一昨日あたりから報じられているカゴメと日本デルモンテがJA全農福島に対して「福島県産加工用トマトの今年の契約栽培を見合わせる」旨の発表をした件である。
20110411 MSN産経ニュース・クリップ
ニュースソースだけではなく、ここは両者から発表された情報も各社HPに掲載されているので読んでみた。
驚くことに両者ともまるで示し合わせたように同じ理由を掲げて言い訳をしている。

「お客様に対して、商品の安心・安全を確保することを、何よりも最優先に考えております。しかしながら、現時点において、2011年度の福島県産加工用トマトを原料にした当社製品は、安全性の確実な担保が難しいと判断いたしました」【カゴメ】

「お客様に対して、商品の安全を確保することを、何よりも最優先に考えております。しかしながら、現時点において、2011年度の福島県産加工用トマトの安全性の確保が難しいと判断いたしました」【日本デルモンテ】

多少の字句は異なるが、ここまで似た文章が同時期に出された経緯からして、両社が事前に何らかの意見調整を水面下で行った事が疑われても仕方あるまい。
だが、問題はそこではない。
「安全性の確保が難しい」ということは、その言葉が示している通り、あくまでも予想の範疇なのだ。両社とも加工用のトマトは露地栽培であり、これから作付けをすることから、現在・今後の原発事故の状況が不透明な中で作付けを行って、いざ収穫時に放射能汚染検査で基準値をパス出来なかった場合の事を考慮して・・・と説明しているように思える。その点について具体的に発表しているのはカゴメだが、その表現が「仮に、今年度の作付けを実施し、収穫時に万一安全性の確保が出来ない場合には、結果として契約農家の皆様に多大なご負担をかけることになります」のだそうだ。
こういう文章を平気で発表する神経が狡猾であり愚劣なのだ。おそらく一般人は今回のニュースを聞いて、この2社が保身に走ってこのような行動をした事を誰でも察している。自らの企業の保身を第一に考え、「私どもの製品からは『疑わしい原料』を一切排除しているから安心ですよ」と吹聴したい根性が見え見えなのに、それを「契約農家の皆様に多大なご負担をかけることになります」などという偽善で糊塗しているのだから一層たちが悪い。さらにカゴメは「契約農家に対しては、2012年度以降も契約を継続いただけるよう、買い取り予定額の3分の1相当額を経済支援させていただきます」という項目を付け足して偽善者ぶりを更にアピールしているが、以上のような文言を読めば、普通こういう考えが頭に浮かばないだろうか。
「契約農家に今までずっとトマトの露地栽培を委託してきた関係があるのなら、疑いや予想の範疇で判断せずに、とりあえず例年通りに作ってもらって、結果、収穫時に検査して基準をクリア出来なくても全量買い上げてあげると言うようなくらいの度量をなぜ見せられないのか」
ニュースソースによれば原料トマトの中で福島産の占める割合は約15%(カゴメ)~20%強(日本デルモンテ)だという。上記のように、たとえ例年通りに作付けして全量ダメだったとしても原材料費としての15~20%の損害であり、そもそも全量ダメとは限らないのだ。なのに、現時点でこのような発表をするということは「契約農家の皆様」の為でも「お客様」の為でもなく、企業自身が風評被害の影響を蒙ることへの予防策が目的であること以外考えられない。

更に最近の風評被害の件で常に問題になるように、なぜ「福島県産」というくくりでこのような情報を発信したのか、という大問題がある。疑い・予想のレベルでこういった情報を大企業が発信すると言うことは、更なる風評被害の後押しをするようなものだ。

私はこの一件で、両社が謝罪および何らかの納得のいく訂正をしない限り、両社の製品を今後一切不買することに決めた。

なぜソフトバンクを?

本日の産経新聞に最近見慣れた記事がまた掲載されていた。
20110408産経新聞クリップ
あえてユーザーに問いたい。
なぜソフトバンクを選んだのか? その理由は?
iPhoneやiPadを使いたいから? SMAP? あのいい加減に辟易するシリーズCM? 料金?

純粋に携帯電話としての価値(つながりやすさ)から言えば最悪のソフトバンクを選択する理由は全くない。スマートフォンとしての将来性はもちろん、現時点での性能比でも他社製(Android OS搭載機)の方を評価・支持する専門家の意見は多い。タブレットPCは現在まだ目新しくて何となく話題にはなっているが、あの中途半端な使い勝手にどれほどの価値があるのかはもう少し静観した方が良い。そもそも10年くらい前からAppleコンピュータは韓国メーカーと急接近し、その頃を境にして古くからのMacファンは興醒めし、離れた。一方で一般ユーザーが「iMac」「iPod」「iTune」「iPhone」と狂騒し始めた。その背景にソフトバンクがあり、その頃から顕著になったCM戦略の裏には当然のことながら「電通」がある。ソフトバンクも電通も共通項は「朝鮮」「韓国」だ。

ソフトバンクを巡る黒い話題は事欠かない。ネットユーザーなら同社と在日朝鮮人との関連をGoogleってみると非常に有益な情報をいくつも散見する事が出来る。日本人にはあまり知らされていない独自な料金体系にも驚かされる。
要はこういう企業に金を払う価値があるのかを考える必要があるのだ。

今回の震災に関連して同社の孫正義氏が個人で100億円を寄付するとか、今年度以降の個人収入を全て災害孤児育成の基金とするとかの情報を発信したが、そのやり口もまた彼らしい。
発表したタイミングを敢えて遅らせ、他の有名実業家が発表した後に、わざとそれを大きく上回る額を発表して見せ周囲を驚かせるところなど、その精神性が垣間見えて微笑みを誘うではないか。
こういう精神性の人間が震災への義援金を口にするとき、それはほぼ宣伝であるのは言うまでも無い。他の、いち早く行動した人々の高邁な精神に乗じようとする浅ましさを感じてもそれ以上のものはない。

ユーザーはこういうところも見た上で判断した方が良いのではないか?
この震災時に、最も役に立たず、使えなかった携帯電話はソフトバンクだった。それはとりもなおさず同社が基地局の開設などの最も資金が必要なところに投資せず、孫氏が自己の利益として溜め込んでいたからなのではないか? そんな中から100億円出すからと言って、なんだか変な感じがするではないか。
「おそらく将来を見越した相続税対策か何かなんだろう」という想像が沸いてくるのも仕方がないことだ。
プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。