スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちがあれば出来ること

20110828MSN産経クリップ

とうとう菅直人が辞めるという。

しかし、北朝鮮による日本人拉致実行犯の長男が所属する「市民の党」周辺団体への巨額献金や人的つながりについて、とうとう納得のいく説明を菅直人本人からも、他の民主党議員からも聞くことは無いまま、ただ、無為に時間だけが浪費された。

こうしている間も、拉致被害者はあのテロ国家に拉致されたままなのであり、その被害者には家族がいて、一日たりとも、いや一分一秒たりとも拉致された家族を思わぬときはない。この怒りと悔しさ、無念は想像するに余りある。

もし、拉致されたのが自分だったら。
もし、拉致されたのが自分の家族だったら。

これまでどれほどの年月が費やされたのか。
これまで政府や政治家がどれほど拉致被害者とその家族のために本気になったのか。

「めぐみ」DVDジャケット

時々映画「めぐみ -引き裂かれた家族の30年」を観る。

2002年に帰国した5人の拉致被害者の時に、誰が本当に尽力したのか思い出す。そして、北朝鮮の拉致の事実を認めようとしなかった政党(日本社会党)が、なんと、この日本国内に存在して、その連中が大挙して民主党と、社民党内に今でも存在するのだという事実に再び怒りで震えるのだ。

北朝鮮拉致犯罪に対して、個人では署名や寄付くらいしか出来ないと思っている人も多いが、もっと日常的に出来る事もある。
ブルーリボンバッジの着用だ。
政治家が着用している姿はテレビでも見たことはあるけれど、一般の人で着用する人が少ないのはなぜなのだろう。
「政治家が着けているから着けたくない」という人がいるのはわかるが、本末転倒だ。
是非、一般の人でも気持ちがあるのなら、一人でも多くの人が着けるべきだ。

もっとも入手方法が分からない人がいたり、スーツ以外では着用出来ないと思い込んでいる方もあるかもしれないと思って、今回、あくまでも私の例だが紹介したい。

私は、以前このブログでも紹介したことがある日常使いのバッグに「救う会」のバッジと「日本ブルーリボンの会」のバッジを常に着けている。
日本ブルーリボンの会「ベーシック」
救う会「蝶結び」

家内も自分のバッグに別のタイプを着けている。
日本ブルーリボン「国旗ブルーリボン」救う会「ブルーリボン」

携帯電話用ストラップのタイプもあるのだ。
日本ブルーリボンの会・携帯電話ストラップ

これらのブルーリボンバッジは下記のサイトにて購入方法を案内しています。

【救う会】
http://www.sukuukai.jp/



【日本ブルーリボンの会】
http://www.nippon-blueribbon.org/


スポンサーサイト
プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。