スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活版の「美しい日本の私 その序説」講談社現代新書

活版「美しい日本の私 その序説」講談社現代新書01

どんなに多忙な時でも、というか、多忙な時にこそ、開きたくなる本というのがあって、この川端康成の「美しい日本の私 その序説」もそうした本の一つである。

活版「美しい日本の私 その序説」講談社現代新書02

内容の素晴らしさについては、今さら敢えて私が触れるまでもない。
「美しい日本の私」は、書籍としての出版を意図して書かれたものではなくて、日本人初のノーベル文学賞を受賞した川端康成が、昭和43(1968)年12月に、スウェーデンアカデミーで行った受賞記念講演の内容を書籍化したものである。

活版「美しい日本の私 その序説」講談社現代新書03

道元禅師の「春は花夏ほととぎす秋は月」でいきなり始めるところが川端康成の物凄さだ。
話題の「大先生」又吉は別に読まなくていいが、川端康成や三島由紀夫は読んだ方が良い。

それはともかく、私がこの講談社現代新書で出版された「美しい日本の私」をこよなく愛する理由は、その内容だけではなく、活版で印刷された版であるからだ。

現在の印刷の主流は圧倒的にオフセット印刷であり、活字を組んで版を作る活版印刷は、現在の我が国では既に風前の灯である。
私の知人にも活版印刷の味わい、美しさを訴えて地方で細々と活動しているデザイナーがいるが、それでも名刺や書籍の表紙カバー、せいぜい小冊子までが限界で、書籍一冊丸ごとを活版印刷することは、おそらく不可能な状況だ。
だから今、書店で新品として売られている「美しい日本の私」は、まず間違いなく活版ではなくて「オフセット印刷」であろう。

活版「美しい日本の私 その序説」講談社現代新書04

このブログで書くのは初めての話かもしれないが、私はある種の「本中毒」で、それも「本の虫」というわけではなく、単純に「本(書籍)が好き」というタイプだ。
本の装幀、質感、紙質、活字、インクの匂いが好き、というタイプである。
私にとって、その本が活版印刷か、オフセット印刷かは結構、大問題なのである。
だから過去に出版された本で、その本(内容)が好きならば、出来る限り活版印刷で刷られた本が欲しいのだ。

今回紹介した講談社現代新書の「美しい日本の私 その序説」は2002年の第51刷で、その時点でまだ活版で印刷したという事実に驚く。

ちなみに「美しい日本の私 その序説」を一度でも読んだことのある人は、その内容があまりに短いことに驚くだろう。
当たり前のこと。
これはノーベル文学賞受賞記念の講演内容なのだ。
外国人ばかりを前にして、そんな長話をするはずがない。
だいたいそんな長話をされたら、同時通訳する人が音を上げてしまう。
だからこの新書も、川端康成による文章だけではペラペラの本になってしまい背表紙のタイトルも読めなくなってしまうので、エドワード・G・サイデンステッカーによる英訳を収録し、厚さを倍増させているが、それ以上に本の厚みが感じられるのは、新書の割に厚い紙を使用しているからなのだ。
この紙の厚みと質感に、また活版印刷が活きているのである。
上の画像などを見ていただくと分かるが、活版による印刷は、時にページによってインクの濃さが随分と違い、インクの滲み、かすれ、紙裏に写る活字の跡など、活版書籍好きには、もう堪らないのだ。

未読の方は是非とも一読をおすすめするが、出来れば、古本屋を巡って、活版で印刷された旧版を探されるのも楽しいかと思う。

スポンサーサイト
プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。