スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(株)エツミの日本製リバーシブルレザーストラップ

日本製 エツミ リバーシブルレザーストラップ E-6250 その1

以前、私が仕事で使っている日本製デジカメ「Canon PowerShot G12」を紹介する記事を書いたとき、バンナイズの日本製帆布製ハンドストラップを付けている状態で紹介したのだが、実は私は少し前から必要に迫られてさらにもう1台、同じG12を使っている。
そちらの使用状況では、ほとんどの場面で首からカメラを剥き出しで下げている必要があることから、こちらのG12に取り付けるために、ハンドストラップではなくネックストラップを探していたのだ。

G12クラスのカメラに付けるネックストラップって、意外と微妙で難しい。
デジタル一眼に付けるような幅広でパッドの付いた本格的なストラップはカメラのサイズと比較して明らかにオーバースペック気味でバランスが良くない。
スタイル的にはそれより少し細めでありながら素材面でも貧弱さの無いもので、かつ当然ながら「日本製 Made in JAPAN」でありたい。

そしてたどり着いたのがエツミ株式会社製の本革製ネックストラップ、「リバーシブル レザーストラップ」である。
もちろん「日本製 Made in JAPAN」!

日本製 エツミ リバーシブルレザーストラップ E-6250 その2

私がこのストラップを選んだ理由はもちろん日本製であることと、ネイビー色があったこと。
個人的な感覚だろうが、G12にはネイビーが一番似合うように思う。

日本製 エツミ リバーシブルレザーストラップ E-6250 その3

実売3,000円以下だけれども、ちゃんとコバ仕上げ(革の切断面まで磨いて塗装仕上げすること)まで施されている。日本製で、かつこういう丁寧な仕事の見える本革製のネックストラップなのに、この価格はかなり安い。

本革製ベルトの部分では長さ調節が出来ず、ナイロン製の平テープの部分のみで長さを十数cm調節するタイプ。
私の使用用途にはまさにジャストサイズの長さだけれども、短めで下げたいという人には向かないのでご注意を。

今回、そんなネックストラップについて深く調べているうちに意外な事実に気が付いた。
世に出回っているストラップの大部分がシナ(CHINA)製であるのは想像していたとおりだったが、朝鮮半島の「下(南)」部分で製造されているカメラ用ストラップが我が国でも相当数出回っているのである。

私としてはシナ(CHINA)製を御免蒙りたいのは当然のこと、南朝鮮製のストラップを首から下げるのはさらに理屈ではなく生理的に受け付けないのだ。

今回紹介したエツミ株式会社の商品情報ページは下記リンクを参照されたい。

ネイビー/ブラック E-6250
ブラウン/ブラック E-6251
レッド/ブラック E-6249
ブルー/ホワイト E-6272
ピンク/ホワイト E-6271

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。