スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“厚顔無恥”を絵にかいたような男・河野洋平

2014/05/30 MSN産経クリップ

元記事へのリンクはこちら
 ↓
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140530/stt14053013240010-n1.htm

「厚顔無恥」という言葉はこの男のためにある。
河野洋平という男はどこまで恥知らずなのか。

安倍首相が政権を取ってからの大活躍と、次々と上げていく成果に嫉妬するところも、その器の小ささを表しているが、上の記事で発言したとされるその内容の、まあ陳腐なこと。

あまりにも内容が薄っぺらく、こんな程度の発言しか出来ない人間が国会議員だったのかと思うと空恐ろしくなる。

日本国民の意識が大きく変わって、自分が犯した「河野談話」という大罪に対する風当たりが年を追うごとに強くなってることに危機感を募らせてか、小泉純一郎と同様に老獪・老猾ぶりをそこらじゅうにふりまいている様子だが、私としては、河野洋平の講演会を一体どんな輩が主催し、どんな輩が聞きに集まったのか、ということだ。
そういう連中の出自を調べると、きっと面白いことが分かりそうな気がする。

傑作なのは、政府が進める談話作成時の検証作業に対して「できるだけ静謐な状況の中で冷静に話をし、結論を導き出してほしい」と言ったとされる発言。

「談話を出す前に、冷静に話をし、結論を導き出さなかったお前(河野洋平)が一体何を言っているんだ」と誰もが思ったことだろう。

つまりこんなマジキチが出した談話なのだ。
見直す、あるいは撤回が当然だ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。