「今やるべきことか」は浜岡の時にこそ言え

マスコミのやることは簡単に予想がつく。それは単細胞な連中が番組を作り、単細胞な人間がコメントするから無理もない。全部が全部そうとは言わないが、一部の例外を除いて感心するような場面はほとんどない。わかりやすい一例をあげれば「みのもんた」。よくもまああんな脳みそのレベルで毎日テレビに出て、放言を繰り返せるものだと、反対の意味で感心する。毎日テレビに出すぎていて勉強もする時間がないからいつまでもバカのままなのだという見方も出来るが、かつて不二家のチョコ再使用のデマ報道に踊らされて、あれほどの無責任な発言を公共の電波で垂れ流したにも関わらず、なぜいまだにテレビに出続けられるのか? それこそをまさに「無責任」という。自分の発言に責任も取らず、取らされることもないのだから、肩書を「放言家」に替え、芸名も「ほらふいた」にでも替えるとよい。
その「ほらふいた」をはじめとして、内閣不信任案提出の件では予想通りの「今やるべきことか」大合唱である。街の声も「東北が大変な時に政局争いをしている場合か」旨の意見のオンパレードである。今朝の「ほらふいた」は「全ての国民がそう思っている」と、例によっての放言を垂れ流したが、とするとどうも私は日本国民ではないらしい。
日本人はコミンテルンやGHQ政策から端を発して、時事に関して無知な国民になるようにと長年かけてマイナス方向へ教化されてきたから、テレビカメラの前でこういうトンチンカンな発言をしてしまう憐れな人が存在するのも致し方ない。だが編集でそういうトンチンカンばかりをつなぎ合わせているのは、例によって彼ら単細胞テレビマンなのだ。

昨日の内閣不信任案提出は当然だし、タイミングとしては若干遅かったくらいだ。論点を2つにまとめたい。

1. 【非常時にこそ、リーダーの資質が問われる】
 平時には多少の無能でもなんとか体裁を整えられるが、非常時にはそれがダイレクトに国民の命や生活へ直結する。ニュースでは被災地の地方自治体首長まで「今やるべきことか」発言をしているが、被災して辛い立場で頑張っておられる当人に厳しいことは言いにくいものの、この点に於いては残念な見識と言わざるを得ない。菅内閣・民主党は「政治主導」を掲げながらも、その政治的未熟さから、この非常事態において適切な対応を取れたとは誰にも言えないほどの体たらくであり、各分野の専門家である官僚・役人との間にも決定的な不信感・嫌悪感を相互に抱いている現状で、それが震災復興の具体的な動きを阻害しているのだ。誰でも自分が緊急非常事態に遭遇した際の事を想像すればわかるだろうが、一つ一つの事にあたろうとするときに「この許可を得るためには政治家の判断が必要」と言われ、その政治家がまるで素人のようなことを言ったり、更に気分にムラがあって、判断を仰ぎに行った担当者をしょっちゅう恫喝してばかりいて一向に具体的な返事が返ってこないのを見たら、「何よりもまずこいつらの首をすげ替える方が先決だ」という事を痛感するだろう。物事の段階には「まずは重荷を背負ったままでもとにかく前に進まなければならない時期」と「まずは重荷を放り出してしまった方が順調に前に進める時期」があるのだ。今はまさにその後者の時期にあたる。

2. 【リーダーは誰がやっても同じ、なんてことはない】
 スポーツや音楽・演劇などの芸術関係、あるいは学校で部活動などを経験したことがある人には言うまでもなくわかりきったことだが、リーダーの良し悪し、指導者の良し悪しは決定的な意味を持つ。実力を数倍に発揮させるのもリーダーだが、ダメにするのもリーダーである。だから、リーダーを選ぶときには真剣にならなければいけない。無能なリーダーの元では皆の心はまとまらず、結果を出せるわけもない。無能だが居座り続け「私は辞めない」と言っている以上、出来る限り速やかに周囲が団結して無能なリーダーを辞めさせることが先決だ。これも非常事態ならなおさらである。

この2点のみをとっても、現時点での菅内閣へ不信任案提出は当然やるべきことでやらねばならないことである。
アホみたいな善人ヅラして「この非常事態に政局に明け暮れるなど、今やるべきことなのか」などというトンチンカンな諸君は一体、どこを見ているのか。「今やるべきことか」とは、あの浜岡原発停止の時にこそ言うべき言葉であって、内閣不信任案提出はまさに「今こそやらねばならないこと」なのである。

あの3月11日の国会を思い出したまえ。あの時、菅直人は在日朝鮮人からの違法な献金を追及され、3月末までとても持たない状況だったのだ。震災に乗じて居座り続けた無能かつ違法なリーダーを、よくここまで辛抱して見逃してやったのだ。いくらなんでも、もういいでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク