やるやる詐欺→辞める辞める詐欺への一日

私が子供の頃に住んでいた町に一年中「閉店セール」をやっている家具店があった。記憶が定かな部分だけでも3年間くらいはその閉店セールを続けていたと思う。それがある日から突然「完全閉店セール」に変わった。子供の私は、とうとうこの家具店も無くなるのか、と少し寂しい気持ちになったが(嘘)、その「完全閉店セール」は私が親の転勤でその町を去るまで、少なくとも2年間は続いていたのだった。後のことはどうなったか知らない。もしかすると今頃は「超・完全閉店セールFINAL」でもやっているかもしれない。正直なところ、どうでもいい話だ。

どうでも良くないのは菅内閣の「閉店セール」である。決まり手は「肩透かし」で、なんとか勝ったつもりになっているのかもしれないが、不幸なのは、こんな「閉店セール」の横断幕が掛けられた総理をあてがわれた国民だ。ふざけるのもいい加減にしろよ。

そんな中で男をあげたのは松木氏であった。
政治家としては大嫌いだが、人間として、男として、今回の態度には拍手を送らせてもらいたい。
日本人には武士の血が流れている。その事を思い出させてくれる、立派な姿だった。大嫌いな相手でも、その正々堂々とした行動に感銘したのなら心から賞賛の声を上げよう。
松木謙公、よくやった!

それにしても、原口、鳩山、小沢よ。「狡猾」とは君たちの為にある言葉だ。「ヘタレ」とは君たちのことを呼ぶ時の為にある言葉だ。よく覚えておくがいい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク