日本製 G-SHOCK 「GW-5000-1JF」 ORIGIN

カシオ計算機 G-SHOCK「GW-5000-1JF」 01

私の世代にとってカシオの「G-SHOCK」は特別な意味を持つ。
それがこの世に初めて出た頃(1983年)は、まさに「モノ」についての関心と情熱が芽生えた頃であり、雑誌「POPEYE」や創刊されたばかりの「モノ・マガジン」あたりを読み漁っていた世代である。
意味もなくオーバースペックな「モノ」の数々に憧れを抱き、とても手の届かない金額のそれらをいつか手にする日々を夢見た年代だった。

そんな頃に
「落としても壊れない」
「水深10メートルに沈めても平気」
「電池交換が10年不要」
という当時としては「夢のような」スペックを持って登場したG-SHOCKはまさに男子中高生の憧れの的だったのだ。

だが、何故か私はこれまでの人生で、一度もG-SHOCKを入手したことが無かった。

「腕時計」という分野は今も昔もピンキリの激しいジャンルであり、特に「CASIOの腕時計」という独特なイメージが自分の中で「そそられなかった」のと、やはり当時「デジタル時計」は「チープ」の象徴のように捉える風潮があった事などが原因なのかもしれない。
自分が初めて親から与えられた腕時計が当時セイコーから出された廉価ラインのブランド「ALBA」(!)のデジタル時計であったことも、自分の憧れの対象を「デジタルではなく、アナログのクオーツ時計」へと向かわせていたのだろう。

やがて携帯電話を持つ事が普通な世の中になり、また仕事の大半がPCの画面を見て行うような現在のスタイルになってしまうと、腕時計を持つ最大の意味である「現在時刻を時計で確認する」という必要性そのものが無くなってしまったのだから、私自身もこの10年近く、普段は腕時計をしないで済ませて来たのだ。

その気持ちが突然揺らぎ、「これはどうしても欲しい」と思ったG-SHOCKが今回紹介する「GW-5000-1JF」だった。
複雑多岐にわたるシリーズ展開のG-SHOCKの中で、この「GW-5000-1JF」は1983年に初めてこの世に出たG-SHOCKの初代モデル「DW-5000」のデザインの流れを受け継ぐ「ORIGIN」の中の1モデル。

カシオ計算機 G-SHOCK「GW-5000-1JF」 02

初代モデル同様のフルメタルケースでスクリューバック、そして電池交換不要の「タフソーラー」、さらに時刻合わせすらも不要な世界6局の標準電波を受信する「マルチバンド6」までもが搭載されたからだ。
いつでも正確な時刻を確認する道具として「これはこれであり」な完成度にまで到達したというべきだろう。

カシオ計算機株式会社の「GW-5000-1JF」公式情報ページはこちら
  ↓
http://products.g-shock.jp/_detail/GW-5000-1/
  ↓
http://casio.jp/wat/watch_detail/GW-5000-1/

私にとっての「G-SHOCK」のイメージは、後に世に出たデジタルとアナログのハイブリットなデコラティブモデルではなく「これ」なのだ。
以前にはチープにしか見えなかった液晶画面のみのこのスクエアデザインが、今では潔さすら感じるエバーグリーンなものに見えるのだから、これはデザインの力なのだろう。
そして人によっては大きく評価が分かれるウレタンバンドも、私的には「G-SHOCKはこれでなくちゃ」なポイント。

そしてなんとこのモデル「GW-5000-1JF」は・・・
日本製「MADE IN JAPAN」なのだ。

カシオ計算機 G-SHOCK「GW-5000-1JF」 03


ここまで来た「G-SHOCK」は間違いなく「買い」だろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク