岡山のWorkers(K&T H MFG Co.)

Workers_K&T_H_MFG_Co_20171123_01

元々親が洋服を縫う仕事をしている家庭に育ったこともあったり、またここ十数年来、仕事でファッション業界の人たちと関係する機会が飛躍的に増え、そんな人たちに感化されたり、あるいはそういう関連の人達と頻繁に会い、急なメディア対応の必要性に迫られる場面等も生じたりして、普段からあまりいい加減な服装で出勤する事が出来なくなった。

所謂「ビジネスおしゃれ」みたいなものである。

また周囲の人たちは、私がやたらと日本製のプロダクトを前面に押し出している(笑)ことを重々承知なので、ことある機会に「それも日本製ですか?どこのブランドで?」みたいな話題になるため、自然と身につけるブランドも固定化されてきた。

このところ急激に気温が下がってきた事もあり、アウター系を入れ替える作業をしていてふと気がついたのだが、自分が所有している服のブランドでリピートして複数点買っているブランドはせいぜい「15」であって、その中で特に5つのブランドが飛び抜けて多い事に気がついた。

以前もこのブログで触れた事がある話だが、日本のアメカジ系ブランドの中に限って言えば、実は日本国内で縫製しているところがかなり沢山ある。
だが、シャツやボトムスくらいまでは国内縫製していても、特にアウターなど、工程数が多い服に関しては海外で縫製しているという残念なブランドも結構多いのだ。
勿論、私が購入しているブランドは一部の特殊なアイテムを除けば全て国内で縫製しているところばかり。

そして前述の「飛び抜けて多」く購入している5つのブランド中で今回紹介する岡山の「Workers(K&T H MFG Co.)」というブランドもアウターまで含めて(私が知る限り)全てを日本国内で縫製しているブランドなのだが、何よりの特徴は驚くべきコストパフォーマンスの高さだろう。
Workersの価格帯の感覚に慣れてしまうと、同じ感じのレベルのブランドの価格が全て高く感じてしまう。
ここまで価格を抑える為にはかなりの企業努力をしているのだろうし、特にこの手の業界の製品コストを大きく左右する店舗からの発注数と実際の工場への発注数(在庫を出来る限り抱えずに上代で売り切る)の管理をかなり詰めてやっているのだろうと思われる。
また、パターンから宣伝媒体用の写真撮り、ホームページ作成まで何でもかんでも一人でやってしまう館野氏の力もあるだろう。

Workers(K&T H MFG Co.)の公式サイトはこちら
  ↓
http://www.e-workers.net/


驚くべきは、この価格帯で出していながら、ボタンなどの付属にもあまり一般ものを用いず、オリジナルを特注したり、ネームタグ等もアイテムごとに新たに作り直しているところ。

Workers_K&T_H_MFG_Co_20171123_02

Workers_K&T_H_MFG_Co_20171123_03

Workers_K&T_H_MFG_Co_20171123_04

Workers_K&T_H_MFG_Co_20171123_05

Workers_K&T_H_MFG_Co_20171123_06

Workers_K&T_H_MFG_Co_20171123_07

Workers_K&T_H_MFG_Co_20171123_08

Workers_K&T_H_MFG_Co_20171123_09

Workers_K&T_H_MFG_Co_20171123_10

Workers_K&T_H_MFG_Co_20171123_12

オススメの日本製ブランドだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク