FC2ブログ

日本製サマーフライトジャケット(1)BUZZ RICKSON'S

BUZZ_RICKSON'S_AN6551_01

普段の仕事用上着について、数年前から圧倒的に「サマーフライトジャケット」を着る率が高くなった。
今では秋から春の間のサマーフライトジャケット着用率たるやおそらく8割を超えると思う。
つまりその機能性とか着回しの良さに、すっかり惚れ込んでしまったのだ。
そんな訳で、今ではサマーフライトジャケットばかり何着も持つことになったわけだが、私にとって最初のサマーフライトジャケットが今回紹介する東洋エンタープライズの「BUZZ RICKSON'S」の「BR13510」だった。
このモデルを仕事用の上着として着用してから、まさに「はまった」のだ。

所謂「サマーフライトジャケット」とはUSN(米国海軍)の「M-421」あたりから始まるベリーライトゾーン用の薄手な高密度コットンツイル生地を使用したフライトジャケットの事を言うのだが、このBUZZ RICKSON'SのBR13510は、厳密には「AN6551」の復刻モデルらしい。

BUZZ_RICKSON'S_AN6551_07

サマーフライトジャケットの形状面での特徴としては前開きジッパー、

BUZZ_RICKSON'S_AN6551_03

「BUZZ RICKSON'S BR13510」ではCONMATICの「コの字」止めジッパーを使用。
そして丸型の襟とその内側のハンガーループ、

BUZZ_RICKSON'S_AN6551_04

左腕のシガレットポケット、

BUZZ_RICKSON'S_AN6551_05

そして背面のアクションプリーツ(腕を前側に伸ばした際の可動域を確保する為のプリーツ)など。
これらの全てが仕事用の上着として、この上なく機能面で申し分がないのである。

BUZZ_RICKSON'S_AN6551_02

前面のフラップ付きポケットについてはオリジナルの米軍モデルでも様々なタイプがあって、左右下部に付くの必須だが、胸ポケットは「左右とも無し」「左胸のみ有り」「左右とも有り」の3パターンが存在し、こちらは「左右とも有り」だ。

BUZZ_RICKSON'S_AN6551_08

現在アメカジブランドから出ているサマーフライトジャケットは、左胸ポケットのフラップにペン挿しを備えているタイプが多いが、こちらは無し。
このBR13510は、BUZZ RICKSON'Sだけあって最もモデファイが少なくオリジナルの米軍モデルに近いと言われる。
左胸ポケットにペン挿しが無いのも、おそらくそれはオリジナルに忠実であるからだろう。
ここは左腕のシガレットポケットがペン挿しとして完璧に機能するので不満は無い。

BUZZ_RICKSON'S_AN6551_06

もちろん当サイトで紹介するので「MADE IN JAPAN」。

サマーフライトジャケットの良さは、前述の機能面でのまとまった完成度に加え、カバーオールよりは着丈が短く、分類ではおそらくショート丈ジャケットに含まれるのだろうが、決して短すぎないその絶妙さだろう。
そしておそらく本来の使用目的とは違うのかもしれないものの、ペン挿しとしての使い勝手が抜群に良いシガレットポケットとフラップ付きポケットだ。
このあたりはデスクワーク以外の動きの多い業務内容の私としては、ほぼ完璧。
さらにサイズ選びさえ慎重にやれば、夏以外の全ての季節での着用が可能になるのだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

御無沙汰しております。
カッコいいですね!個人的には大好きなデザインです。
この手のジャケットを着こなせるのに憧れます。

kanさん、いつもありがとうございます

こちらこそご無沙汰してしまってすみません。
kanさんのように更新出来ず、恥ずかしい限りです。
これからも宜しくお願いします。
プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク