やっぱりね だって彼らは朝鮮人ですから

2011/08/01 MSN産経クリップ


上記は本日8月1日、日本固有の領土で南朝鮮が不法占拠を続ける竹島近くの南朝鮮・鬱陵島を視察するため、新藤義孝衆院議員、稲田朋美衆院議員、佐藤正久参院議員の自民党議員3人が1日午前、羽田空港発の民間機でソウルの金浦空港に到着したが、南朝鮮政府が3人の入国を拒否したというニュース。

これに関連した大きな問題点については前回に書いてしまったが、今回の件で南朝鮮政府がとった行動は、かの国が如何に遅れた国であるのかを如実に物語っている。

新藤議員が上記およびその関連記事で述べている発言を抜き出してみよう。

報道陣に対し
 「(入国禁止なら)大きな外交問題になる」
  「韓国が竹島をどうとらえているのか、現地に行ってみるだけだ。
  入国拒否の方針は全く受け入れられない。
  入国拒否を予告されていかなければ、
  恫喝(どうかつ)に屈したことになる」

韓国側の入国拒否の方針について
 「入国が認められなければ大きな外交問題になる。
  (韓国での)安全で自由な通行が確保されている
  日本人の代表であるわれわれ(国会議員)を入国禁止にすれば、
  大きな問題だ」

訪韓目的については
 「鬱陵島を見るために来た」
  「(竹島は)日本の領土。
  しかし日韓の主張が違っているので互いに話をする必要がある」

今回の訪韓が日韓関係に悪影響を与えるとの指摘については
 「日韓は友好国であり、互いに理解することが必要だ。
  鬱陵島をこの目で見て、実情を確認したい」


実に理知的にもっともな事を述べている。
つまり、この理性的な発言をしている我が国の国会議員が入国を拒否されるような国は、まともな近代国家とはとてもいえないということだ。
このブログを書いている時点では3人が求めている「(入国拒否についての)納得のいく理由の説明」があったのかどうか、伝わってこない。だが無理だろう。なぜなら「納得のいく理由」など最初から存在しないのだから。
南にしろ北にしろ、この手の朝鮮人に期待するのは最初から無理なのである。それはこれまでの歴史が既に証明しているし、本日、金浦空港に集まって抗議集会を開催したという保守派の団体の関係者という面々の顔や行動を見れば、言葉で説明するまでもなく非常によく分かる。

朝鮮人・保守派ってこんなレベル_その1
(上下ともMSN産経ニュースより)
朝鮮人・保守派ってこんなレベル_02

あーあ、やっぱりだ。面白いくらいに宗主国さまの支那人と同じパターンである。

やっぱりね、火をつけたよ、
 (だってあいつら朝鮮人だからね、当然でしょ)
狂ったようにヒステリー起こしているね、
 (だってあいつら朝鮮人だからね、当然でしょ)
やることのレベルの低い人間たちだね、
 (だってあいつら朝鮮人だからね、当然でしょ)

とても文明人とは思えない原始的な幼稚行動のオンパレード。
いつも笑わせてくれる朝鮮人の方々、ご苦労様。
こういうことをするとメディアが撮影して行ってくれるのをわかってやっているらしいが、その映像で世界から嘲笑されているっていう事に気がついていないらしいから、これは本物の真性・バカなのである。

日本人には幸いこういう低レベルな者が滅多にいないから本当に安心する。

そして今回、また大方の予想通りヘタレ行動をしてくれた平沢勝栄議員。
今回の鬱陵島行きをドタキャンした理由が最高にいかしている。
「その日は用事が出来た」
だってさ!

 だって平沢勝栄だからね、当然でしょ!

君は保守でも何でもないんだから、格好つけないでさぁ、
テレビに出ることだけ考えていれば良いんじゃないの?
話題の高岡蒼甫から、男らしさを少しは学んだ方がいいぜ。

そうそう、ただ一つだけ、前からお願いしたい事があった。
平沢議員、君にはブルーリボンバッジはあまり着けて欲しくないんだな。
大方のことは期待していないけど
これだけは頼むよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク