「言うだけ」政党・民主党の醜態に思う

2011/10/03 MSN産経クリップ

野田佳彦の公務員宿舎朝霞住宅建設工事差し止めのニュースを見ていて改めて気が付いたのは、私が大嫌いな民主党の、まさに民主党たるところとは「諸般の事情を勘案すれば、とても実現出来ないこと」「実現すれば大きな災禍をもたらすもの」を、自らの格好付けや、その法案の狂信的な信奉者からの支持欲しさの為にまるで思いつきのように発言することだろう。
それはまさに「ポピュリズム」そのものであり、考えの浅い一般大衆の受けを狙った発言と行動に終始し、いざそれを実行する段になってスブズブになる。
鳩山由紀夫や菅直人あたりは人間的に大きな問題や欠陥があってそうなのかと思っていたら、一部にはまだ「保守」と思われている野田佳彦もそうなのだから、これは民主党議員全体に蔓延している病理なのかもしれぬ。

「政治主導」しかり
「事業仕分け」しかり
「普天間基地移転」しかり
「公務員制度改革」しかり
「子ども手当」しかり
「高校無償化」しかり
「高速道路無料化」しかり
「脱原発」しかり

つまり格好良い事、調子の良い事を言うだけの奴らなのであって、それを実行する力もないってこと。
日本人の正常な感覚では、こういう連中はもっともバカにされる。
でかいことばかり言って中身がない。結果を出せない。

「だったら言わなきゃ良いのに、惨めだね」

思慮の浅さばかりが露呈する民主党。
責任の無い野党の頃に、そこらじゅうのメディアで大衆受けする思いつきのような事を、調子よく放言して人気を取り、結果、間違って政権まで取ってしまった人間の惨めさばかりが漂っている。

彼らの終焉も、間近でしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク