スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも笑わせてくれる朝鮮人の皆さんの「動員」

今朝、寝床の中でうつらうつらとしながら、「今日は珍しく土曜日休みでもあるし、紀元節について書こうか」と思って起き上がった私。しばらく頭がしゃんとするまで新聞でも読もうかと産経新聞を開いて読み始めたら、面白い記事に目が留まったので紙面そのものをアップさせていただきました。(時間があったので記事もテキストで書き出しました)

産経新聞2012/02/11

ソウルからヨボセヨ(もしもし)
「世界7大美景が韓国に?」


 韓国南部の済州島は韓国の代表的リゾートで日本や中国などからも観光客がやってくる。人口は約60万人。その出身者が関西を中心に約10万人いるから日本とは関係が深い。日本の総領事館もある。
 火山島で広大な緑の裾野が美しい。海もいい。屋外広告を厳しく規制するなど自然環境保護に力を入れ、ユネスコ自然遺産にも指定されている。近年は“国際化”に熱心で国際会議の誘致も盛んだ。
 その国際化の一環だろうか、昨年、「世界7大自然景観」に選定されたといって国を挙げて大喜びした。ただ当時、済州島好きの筆者でもこの評価にはいささか首をかしげたものだ。
 他の6つはブラジルのアマゾンやアルゼンチンのイグアスの滝、ベトナムのハロン湾、南アのテーブルマウンテンなど。スイスにある「ニュー・セブン・ワンダーズ」なる環境保護財団が世界中から電話やインターネットなどで投票を受けて決めたという。
 ところが最近、島の行政当局がこの投票のため約270億ウォン(20億円)もの通信費を使っていたことがわかり、問題になっている。公務員1人あたり1万4千回、国際電話で投票した計算になるという。これはやり過ぎだ。そんな無理をしなくても済州島は十分美しいのに。

                                   (黒田勝弘)



いつもながら、こういう数字の偽装、捏造工作ばかりは本当に驚くほど熱心な朝鮮人の皆さん。
そのパワーを、もっと別の良い面に注ごうとは思わないのかね。
韓流ブームの捏造も、ありとあらゆる反日行動、日本批判と謝罪や賠償を求める(たかる)時に使う手も、日本海という呼称の変更を画策する時の手法も、2ちゃんねる等に紛れ込んで工作する手法やサーバー攻撃も、全てみんな同じパターンである。
成長できないこういう精神・根性が嘲笑されてしまう原因であることにも気がつかないのだから、本当に気の毒な人達ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。