スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月11日を迎えて

2012/03/11 MSN産経「ありがとう台灣」

東日本大震災で亡くなられた多くの方々のご冥福を心よりお祈り申しあげます

本日は多くの人が、皆それぞれの思いを胸に抱き、このことについてブログを書いているであろうから、いつもダラダラと書きすぎている自分は、努めて簡潔に書こうと思う。

この度の震災とそれに起因した津波による甚大な被害、そしてそれによる原発事故という、まさに「国難」に遭遇することで、日頃、我々の意識の足りなかった大切な部分が、よりはっきりと見えてきた。
それを忘れず胸に留めて生きていくことが、我々、日本人に課せられた運命である。

【真の友情を持つ相手は誰か。そして、自分たちはその友情に見合う事ことをやっているのか】
我が国のこの上ない困難な時期に、真の友情を持って接してくれたのは台湾である。
具体的な数字だけで判断しているのではなく、さまざまところでそれを感じた人は多いはずだ。
勿論、震災直後から、とりわけ米軍が果たしてくれた大きな役割にも心から感謝をしている。
そして、他の多くの国からも心温かいお見舞いの言葉と支援をいただいたことに、日本人の一人として心から感謝の意を表したい(ここでは敢えて一部の隣国のネガティブなことについては書かないでおこう)。
困った時の友こそ真の友、と言うが、我々自身が、その友情に対して、これまでどう応えてきたのか、これからどう応えていくのか、が我々日本人が常に自問すべき点だろう。

【わが国内において、誰が本当に被災者の助けになっているのか】
亡くなられた多くの方々、心身に傷を負った多くの方々、今なお行方が分からない多くの方々と、その行方を捜し続けられている方々、そして、今なお震災前の生活を取り戻せずに苦しんでいる多くの方々、被災した動物達。遅々として進まない復興。
この状況を目の前にして、それでも我が身ばかりがかわいい人間達が目に付くことは嘆かわしいばかりだ。

瓦礫処理の受け入れに反対するバカ。
被災したわけでもない原発の稼動に反対するバカ。
東北の食品は口にするなとテレビで言ったバカ。
わざわざ防護服を身にまとって現地を訪れる姿をテレビに晒すバカ。
放射能測定器を持って歩いてヒステリーを起こしているバカ。

日本人であり、日本に住む一員として、苦しみは分かち合うのが当然のこと。
自衛隊、警察、消防、海保の皆さんの凛々しい姿は、誇りに思う。
醜い姿を晒すエゴイストは国外に去れ。
頑張っている人の足を引っ張るだけのお前らは我が国には不要である。

【国難はいつやってくるかわからない。だからこそ国は常に安定していなければいけない】

これは繰り返し言っているが、政治に「お試し」は通用しない。
大災害をはじめとする「国難」といえる状況は、いつやってくるかわからない。
だからこそ、政治は常に安定した力を持ち、発揮出来るようにしていなければならない。
社会党の村山が首相になったときに阪神淡路大震災が、
そしてその社会党の残党が大量に流れ込んでいる民主党が政権を握ったときに今回の東日本大震災が起きたことについて、オカルト的な符合を言う気はないが、これほど大きな教訓を与えられながら、それで何も学ばないのだとしたら、次に待っているのは本当に滅亡である。
「一度、民主党にやらせてみたら」などという気持ちで2009年に民主党に投票した人は、どの程度、今回の震災と津波による原発事故に対する民主党政権の不手際の責任を感じているのだろうか。不慣れな「仮免許」政権を成立させてしまった責任は有権者にこそある。「マスコミに騙された」「マスコミに乗せられた」は言い訳にしか過ぎない。
国政は、理想論、机上の空論で何とかできるようなものではない。
もっともらしい事を言う素人の危険さは、これで相当思い知ったはずだ。
「素人の実験」は、例えば大阪だけで限定的にやってみたらよろしいではないか。大阪だけでもまだ彼らの自称する「維新」の端緒についたのかどうかさえ疑わしい元「茶髪の弁護士」を買いかぶりすぎる危険は、全国民が認識すべきなのである。
この時代に「維新」とか「船中八策」という言葉を使うこと。
この点だけでも詐欺師的臭いがプンプンとする。
もちろん「やってなければわからない」という意見はあるだろう。
しかし大切なことは、国政とは、そんな不確実な「賭け」をするべき場ではないし、その代償は取り返しがつかないほど甚大なものになるということだ。そんな希望的観測をもって「やらせてみる」など大馬鹿のすることである。
いくら日教組やらマスコミに白痴化されかけている日本人でも、そこまではバカではないと信じたい。
「何も決められない」のは政治家ではなく、確固たる国家観を持たない我々有権者の方だ。
ある時は自民党に投票し、ある時は甘言を振りまく民主党に投票し、「何となくクリーンそうな」無所属に投票してみたりする。大声を出す在日朝鮮人や創価学会を黙らせずに、やりたい放題にやらせてきた有権者の甘さが、結局、国会で何も決められない状況を作ってしまったという自覚を持ってから政治家を批判すべきだ。

今回の震災は、まさにそれを我々に教えてくれたのだから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。