スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさに「短絡的」。全原発を停止しちゃったよ

2012/05/06 MSN産経

「反原発」という言葉ほど、あやふやでつまらない言葉は無い。
このレベルは「戦争反対」という言葉とちょっと通じる部分がある。
こういう言葉は思考の浅さとセットになっていて、
思考の浅い人間が、思考の浅い人間とくっつきたがる時に多用される。
だから、思慮のある人は意図的でない限り、こういう浅い言葉は使うべきではない。

私は以前からこのブログ内のそこかしこで主張しているが、現時点で正常に稼動している原発を再稼動させないことは愚の骨頂だと思っている。
日本は現在でも原子力技術において世界トップレベルだ。
原発自体の安全性能に於いても、その専門家の面々が口を揃えて言うように世界最高水準にある事は事実なのである。
福島の事故は地震そのもので起きたのではなく、津波によって電源が失われたことによるものであって、ヒステリーを起こした人達が気にしている活断層と原発との関連については、問題の論点が完全にずれており、このズレた危機意識に焚きつけて、感情論を煽っている者も、煽らされている者も、どちらも思考停止に陥ってしまっているのである。

日本以外のどこでこんなバカなヒステリー感情に流されて、国力の元となる電力インフラを自ら危機的状況に陥らせるようなバカな国があると言うのか。
当たり前すぎるほど当たり前だが、そんな低レベルな国はない。
ドイツだってフランスに原発を動かせて電気を買っているだけで、脱原発でも何でもない。
一般的にああいうのを「まやかし」と呼ぶ。
そう考えると、こういう感情を煽っている連中は別の目的があると捉えて間違いない。
腹黒い連中はどこにでもいるものだ。
特に入口のゆるい我が国には沢山入り込んでしまっている。
入口のゆるさは大問題だが、そういう腹に悪意を持った連中の言葉に騙される国民の資質にも大きな問題がある。

私は敢えて「ストレステスト」なるものに異は唱えない。
せっかくの機会だ。やり始めてしまった以上、やれば良い。
そしてテストした以上は、問題がなければ即時に再稼動しなければテストの意味がない。
再稼動しないのならテストをすること、そのものの意味がないわけでそんなことは子供でも分かる。
原発の稼動に必死になって異を唱えている人々は、その「正義感」を是非、国外にも向け、世界中で稼動している原発でも「ストレステスト」を実施するよう、必死になるべきだ。
そして、世界中の原発を調査し、我が国の原発がどれほどの安全性を持っているのかをとくと知るが良い。
我が国の原発の安全性よりも低い原発が、どれほど世界で稼動しているのかを知って、原発停止はその低い順にやる方が理にかなっている。
まあ、中途半端な感情で動いている彼らにはそんな根性も気力もあるまいが。

ここからは私の原子力・核技術に関する希望的なフィクションである。
問題のない全ての原発を再稼動するのは当然のことだから、その後からの話だ。
日本は、更なる安全な原発の技術開発に国を挙げて取り組むべきで、この分野でこれまでどおりに世界のトップを維持すべく産学一体となって邁進すべきである。
災害における安全性の確保はもとより、テロや武力攻撃への対策に於いても、更なる進歩を遂げる必要があるのは当然のことだ。
そして、送電ロスによる電力の減衰についても真剣に考えるならば、電力消費地に近い場所にこそ原発を持っていくべきだろう。
素人の私が妄想するに、現在の原発は大規模発電施設にならざるを得ない状況にあるから、反面、これら大きな危険の可能性も伴うわけで、理想的には低出力・小規模な原子力発電技術の方向をもっと目指すべきなのである。
相当な昔から原子力潜水艦が存在することを考えれば、「家庭用原子炉」だって不可能ではないはずで、そのレベルにまでなれば、まさに最高なのである。
「エコキュート」くらいの大きさで、家庭用の原子力発電が出来るならば充分に普及するだろうし、それが炊飯器くらいのサイズになれば、キャンプにも持っていけるようになる。
いわば「マイ原子炉」「マイ原発」である。
これは傑作だ。
現在の原発はやたらとでかいから、「漏れてる、漏れてるっ!」と大騒ぎになるが、「マイ原発」くらいならば、感覚としては昔の乾電池の「液漏れ」レベルである。
「ああ、漏れちゃった」とか「お宅の原子炉から、ちょっと漏れちゃってますよ」なんて日常会話のレベルだったりする。
コンビニでもスペアの核燃料棒が売られているから、いざというときには便利だろう。

本来、技術とはここまでこなれるように持っていく事を目指すのが本道であって、そのためには常に前進しなくてはいけない。
つまらない一般感情によって流されるのは「愚」でしかない。
「愚」をただし、指導するのが「政治力」である。

大阪は「愚」な大衆的市長の「愚」な思いつきに翻弄されて残念ながら間違いなく停滞するだろう。
「愚」なる人物が「愚」なる頭で思いついた、「愚」なる言葉で翻弄する事が大阪では「政治の決断力」なんだってさ。ああバカらし。
「東北の復興を支援するために西日本が頑張る」と言っていたのは、つい1年前の話だが、愚な市長を選んだ愚市民・愚府民は、すっかりこの事を忘れてしまったらしい。
「困っている他人を助けることより、自分の身に危険が降りかからないか、心配する事の方が大事」とは、さすが大阪人らしい態度。
まさに生活保護の不正受給の温床らしき市民性、県民性で納得だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。