スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾ASUS技術者の実にあたたかな想いに感謝

2ちゃんねるをはじめ、ネットではかなり前から大きな話題になっていたから、知っている人も多いだろうが、あの台湾のパソコンメーカー大手のASUSの例の心を揺さぶる話がMSNにもアップされていた。

台湾ASUS技術者のあまりにも胸を打つ話


記事本文はこちら
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120627/chn12062709570001-n1.htm


ASUS製のパソコン基盤に小さな字で「God Bless Japan(日本に神のご加護を)」と祈りの言葉が印刷されている、という件だ。これについては、かなり前に家内から聞いて、「さすが台湾のメーカー、あまりにも粋な、心温まることをしてくれる」と感動したのだが、これが実はASUSが会社としてやったことではなく、社内の一技術者が独断でやったことであったと知ってさらに驚いた。
なんとASUSは「日本からの問い合わせを受けて初めて知った」というのだ。
そしていまだにその人が名乗り出ないことなど、そのあまりにも謙虚な人間性の深さに、胸を打たれて感涙したのである。
ASUSは「誰かは特定できていないがたぶん日本の一日も早い復興を祈ってやったのだろうとのことで、本件は黙認している」という。

感服した。もの凄い会社である。ASUS。
そして心から感謝します。

記事によるとASUSは「同社には技術革新やイノベーションの創出と並び謙虚、誠実、勤勉を訴える社是がある。デジタル新時代のリーディングカンパニーを目指すと標榜(ひょうぼう)する一方で、企業人として誠実さと勤勉さを忘れまい、と明確に会社の哲学を従業員に訴えている」のだそうだ。
この「技術革新」「イノベーションの創出」「謙虚」「誠実」「勤勉」。
ああ、これらすべて、かつて日本の企業や学校などでも全面に掲げていた言葉ではないか。

MSN産経の記事が指摘しているが、このASUSと同じ事が、はたして今の日本の企業で出来るだろうか。
全ての日本人が自問すべきだろう。

そして、こんな心の温かい真の友人が隣にいてくれることを、心から感謝すべきである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。