いまさら? だけどね

2012/07/13 MSN産経 シナ製ユニフォームは捨てろ!

元記事のリンクはこちら
 ↓
http://sankei.jp.msn.com/london2012/news/120713/otr12071315300002-n1.htm



どこの国でも自国で作られたものの価値は最大限に尊重する。
当たり前の話だ。
が、しかし、それは建前であって、
そういう建前とは別に、いざ自分の財布から金を出す場合は、そういう愛国心より先にケチ根性が出るのも、どうやら万国共通らしい。
そういう日頃の「愛国心より自分の財布の中身が大事」な根性が、自国生産の地盤を揺るがし、そして、「ここぞという時には自国で生産を」などと意気込んでみても、そんな時には自国の生産基盤はガタガタになってしまっていて使い物にならなくなっているのだ。

シナ(CHINA)製衣料が米国のロンドン五輪開会式ユニフォームのほぼ全てに侵食していたという事実も、「いまさらなにを」としかいいようがない。
ラルフ・ローレンがシナ(CHINA)製造なんてことは、衣料に興味がある者にとっては既に常識の範囲である。

上に挙げた記事の例も、いわば政治家の人気取りに違いない。
選挙のときばかりじゃなく、普段から自国の生産者を守れよ、な。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク