21日の「産経抄」は必読!

2012/07/21 産経新聞「産経抄」

日付が変わってしまったが、昨日、7月21日の産経新聞「産経抄」は久々の(?)傑作だった。
あまりの出来の良さに感動したのでテキストを書き出した。
上記画像で読みにくい方は下記をどうぞ。

-------------

 いまどきのおしゃれな文化人になるためにはどうすればいいのだろうか。若いときに電気をふんだんに使ったコンサートをやって人気者になり、ニューヨークの高級マンションに住む。もちろん税金は大好きな米国に払って日本には払わない ▼菜食主義を一度は試し、電気自動車のコマーシャルに出る。還暦を過ぎれば流行の「反原発デモ」の先頭に立って、アジ演説をぶって拍手喝采される。本業の音楽活動がもうひとつになったので何かで目立ちたいのでは、とやっかむのは引かれ者の小唄というものだ ▼いままで書いてきたのは架空の人物の話だ。ただ、ミュージシャンの坂本龍一さん(60)が、16日に17万人集まったと称する(実際は7万5千人程度だったが)反原発集会での演説は、おしゃれな文化人そのものだった ▼彼は、「たかが電気のために、この美しい日本の未来である子供の命を危険にさらすべきではない」とのたまった。確かに、たかが電気である。命には代えられない、と思わずうなずきたくなる甘いささやきではあるが、「たかが電気」がどれだけ多くの命を救ってきたことか ▼東日本大震災でも17年前の阪神大震災でも真っ暗だった被災地に明かりが蘇ったとき、どれだけの人々が感涙にむせんだことか。大震災直後の昨年春、たかが数時間の計画停電で、病院に影響が及び、どれだけの病人が困ったかを坂本教授は知らないのだろう ▼昨日の首相官邸周辺でのデモには鳩山由紀夫元首相も参加した。原発への恐怖心を利用して騒ぎを大きくしようと画策する左翼や金持ち文化人、それに選挙目当ての政治屋どもに踊らされていることに参加者はそろそろ気付いた方がいい。

 平成24(2012)/07/21(土)産経新聞「産経抄」よりテキスト書き出し

-------------


プロの文章家は、このくらい破壊力のある文章を常に書くべきだろう。

16日の夕方のニュースはどこもかしこも、この「反原発集会」ばかりを採り上げ、上の産経抄でも引用しているサカモト氏の言葉の部分を盛んに流していた。
サカモト氏って言えば、「浮気オヤジ」っていうくらいのイメージしかなかったけれど、なるほど、落ち目になると、こんなところにも嗅覚が利くようになるんだね。
米国にしか税金払ってないのならば、米国で反原発を叫べばいいのに。
そこで叫んだんじゃ、自分の立場が危うくなる事をわかっているんだろうから、狡猾なだけか?

マスコミも愛国デモやフジテレビデモはほとんど採り上げないくせに、「反原発デモ」は、まあよく採り上げる。集まった人数を誇大に偽って発表するのは、左翼集会と朝鮮人タレント集会くらいなものだから、「反原発集会」もお里が知れたものだ。

この「産経抄」を読んでふと思い出した。
私の父も、突然の心臓発作で倒れ、集中治療室で長い間、機械に繋がれて一命を取りとめたことがあった。
「たかが電気」とサカモト氏は言うけれど、安定した電気の供給が保証されているこの日本だからこそ、助かっている人の命も沢山あるのだ。
医療の面だけではない。
安定したインフラによって治安も維持されているし、経済もインフラの安定性によって担保されている。
今、原発を止めても日本に訪れるのは「不安定」だけだ。
電力の不安定、燃料費の不安定、経済の不安定、雇用の不安定、治安の不安定・・・。
そして、日本が不安定になって喜ぶ人間が日本の周辺にはウヨウヨいる。
だから、かれらは「反原発」運動を見えないところで支えている。

原子力発電にいくつかの問題点があるのは事実だ。
しかし、問題だけで言えば他の発電技術にも、どれもみな問題がある。
水力発電のためのダム建設によって水没し、故郷を離れねばならなかった人々がいるし、ダムがテロ攻撃の標的になったり、巨大地震によって決壊すれば甚大な犠牲者が出るだろうが、それを今、言う人はほとんどいない。
火力発電の多用によって排出された炭素によって、環境にどれほど甚大な影響を与え、食糧危機、水不足、野生生物の絶滅などを引き起こし、世界規模での対策が急務になっている事など、すっかり蓋がされてしまったようだが、それはどうなのか。
太陽光パネルが大量に設置されることで地表に太陽光が当たらなくなり、それによって地表や地中に生息する生物への影響が出ることは無視しても良いのか? パネルの反射が鳥類への影響を与えると指摘する人もいる。
風力発電が、周辺に与える振動によって健康被害を訴える人が実際にいるし、プロペラに当たって犠牲になる鳥も実際に少なくない。
と、ちらっと思いつく程度の事を書き出しても、どれにもそれなりに問題はある。熟考すればもっとあるだろう。
が、上記についてだけ言うならば、原子力と水力は「もし、甚大な自然災害が発生したり、テロの標的となれば」という、もしも、の前提があっての問題点だが、火力や太陽光、風力などは、技術そのものが問題点を孕んでいるのだ。

原子力発電よりも、相対的・総合的に判断して優位な発電技術が確立されれば、自然と「脱原発」となるだろう。
今、左翼の思うツボにはまって「原発反対」「原発いらない」と叫び踊らされるエネルギーとヒマがあるのならば、原発に代わるそんな画期的発電技術の発明に精を出したら良いのに。
それが最も具体的かつ、現実的な世界規模の「脱原発」になるだろう。

君たち、うかうかしていると「ハゲバンク」の孫ナンチャラに、都合良く金蔓にされちまうぜ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク