A判全盛の今、あえてB判の復権を叫んでみる(1)

最初に断っておくが、私は「イオングループ」嫌いである。
ジャスコをはじめ、イオングループの店舗では買物をしないことを徹底しているが、この8月に、やたらとイオングループがランドセルの広告を打って出ているのをみて、「ああそうだ、あの話を是非これに関連させて書いておこう」と思った次第。

A4サイズ対応のランドセルを背負わされる子供の悲劇

私は以前からずっとA4というサイズが汎用化されることに大きな疑問を感じている。
結論から言うと、我が日本では汎用サイズはB5にすべきで、よってさまざまな用紙のサイズはB判を標準とすべきなのだ。

今、世の中を見回すとA4サイズだらけである。
FAXはA4、コンピュータで出力する文書はA4。雑誌もやたらとA4サイズが多くなった。
そういえば公文書がA4に統一されたのがいつ頃だったか、とググってみて、「ああ、そのあたりだったか」と思ったが、1992年(平成4年)11月30日の各省庁事務連絡会議申し合わせで「行政文書の用紙規格のA判化に係る実施方針について」が持ち出され、それに基づきなんと翌年の1993年(平成5年)4月から各省庁で公文書のA4判化の導入が順次実施されはじめた、とのこと。びっくりするほどのスピード決定・即実施だ。
このあたりの経緯は、おそらくワープロ、コンピュータの普及の時期と重なっており、それと時期を同じくして公文書の横書き化が実施されたことに関連していることは間違いない。
が、なぜA4を標準とするのか、という議論が沸き起こったという記憶もないので、なんだかなし崩し的に、知らぬ間に真剣な検討も行わず進められたのだろう。

だが、少し前を思い出して欲しい。
大学ノートはB5だった。
単にあのサイズで慣れ親しんだから、B5が好きなのかとも自分で思ってみる。いや、そうではない。
やはり1枚の用紙のサイズとして、A4は微妙に、無駄に、でかいのである。
「大きいことは良いことだ」みたいな安易な風潮にすぐに疑問を抱きたくなるのは私の性格の曲がり具合の加減かも知れない。
何しろ新聞や文庫本の活字のサイズが大きくなって何となく嫌な気分がしたくらいだ。今でも昔の文庫本の活字のサイズの方がしっくり来る。
話がそれたが、それはともかく、やはりA4はちょっと無駄に大きい。
公務員給与を下げれば民間の給与水準が下がり、デフレが加速するのと同様に、公文書がA4になれば、民間で作成される文書は全てA4になってくる。
これは必然の流れだ。
用紙がA4になれば、ファイルもそれに合わせて大きくなる。
今までB5サイズに合わせて作られていたカバンまでサイズが合わなくなる。
これを新規買換え需要の契機に、と目論んだ業界も多かろう。
確かにそんな話を当時、耳にした。

そして、今では学校の教科書にA4サイズのものも登場し、学校で配るプリントがA4ならば当然、ランドセルもそれに対応せざるを得なくなる。
だが、私は一回り大きくなったランドセルはバランスが悪く、美しくないと思う。
あのランドセルを背負わされる一年生が、何となく気の毒に思える。
小さな子供がA4サイズのノートを持っているのも、何となく気に入らない。

と、主観ばかりでA4批判を繰り返しているようだが、私がA4をはじめとする「A判」が嫌いな最大の理由は、それが外国で生まれた規格サイズであり、メートル法を背景にした「人間の生活とは全く無縁の計算値から導き出されたサイズ」に過ぎないのに対し、一方、「B判」は、それが江戸時代の公文書用紙として採用されていた美濃和紙のサイズを基に、日本の生活の中で独自に発展した規格サイズであるからだ。

つまり、今の日本がA4サイズ(A判)をありとあらゆる場面で標準としたこと。
それは良くある「国際化」という名の下に行われている欧米からの押し付け、あるいは無批判な迎合パターンの一つなのである。

だが紙というものは、今の人間の生活の中のあらゆる場面で欠かせないものだ。
その寸法は生活の中のあらゆる場面での基準となり、生活で使われるさまざまな道具の大きさに対して、常に制約となる。
それを、メートル法を基にした単なる数値で割り出されたものにしていいのか、という問題なのだ。
現実としてB判を基に設計されたモノの方が人間にとってバランスがよく、使い勝手が良いのである。
このB判の復権については、まだまだ実例を挙げて語りたいので、またいつかの機会に続けたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

b5

はじめまして嶋佐と申します。

b5からA4に変わっていくと感じたのは平成10年位だったと思います。

今までは普通にb5を使っていたのに急に大きい紙を渡されました。ファイルにとじるとはみ出るし面倒な紙だなと思いました。

>大学ノートはB5だった。

今でもB5を使っています。あの大きさがちょうどだと思うのですが、
嫌な時代になってしまいました。

>何しろ新聞や文庫本の活字のサイズが大きくなって何となく嫌な気分がしたくらいだ。

昔の新潮文庫は改版で字が大きくなり分厚くなっています。老人が本を読みにくいから大きくなったと聞きましたが、あそこまで大きくする必要はないと思います。
プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク