嗚呼 零式艦上戦闘機が日本の空を・・・

2016/01/27 産経ニュース クリップ

元記事へのリンクはこちら
  ↓
http://www.sankei.com/life/news/160127/lif1601270030-n1.html

私にとって、MRJの初飛行と同じくらい・・・
いや、それを上回る感動だ。

零式艦戦が戦後70年かかってようやく我が国の空を再び舞う日が来るとは・・・。
出来る事なら、坂井三郎氏が存命の頃に、氏の操縦によって飛ぶことが出来たらなら最高だったが、それでもこの飛行が実現出来た意義は、限りなく大きい。

これを実現するべく奮闘努力した方々に、心から感謝を申し上げたい。

(下記のページでは零戦の飛行動画も観られます)

2016/01/27 産経ニュース クリップ動画

元記事へのリンクはこちら
  ↓
http://www.sankei.com/west/news/160127/wst1601270114-n1.html

平成28年 今年もよろしくお願いいたします

平成28年元旦 初詣 01

平成28年 元旦

今年も護国神社へ初詣。

例年よりも少し参拝の人の数が多いと思う。


本年が皆様にとって、よき一年でありますように

お祈り申し上げます

だからこそ靖國神社へ行く

2015/11/29 靖國神社 01

先週の事件があったからこそ、今日は何としても靖國神社へ行こうと思った。

同じ想いを持つ人が沢山参拝に来ているのを見て、やっぱり日本という国は素晴らしいと思う。

2015/11/29 靖國神社 02

いつものコースだが、靖國神社参拝の後は、

2015/11/29 千鳥ヶ淵

千鳥ヶ淵での献花に。

声がでかく袖の下を掴ませる輩に言いなりのユネスコ対策

2015/10/14産経ニュース クリップ

元記事へのリンクはこちら
  ↓
http://www.sankei.com/politics/news/151014/plt1510140011-n1.html

既に菅官房長官も言及されているように、これは与党としても日本人としても当然の対処であろう。

声がでかくやたらと騒ぎまくり、そうかと思えば袖の下を掴ませたり、ハニトラを仕掛けたりと、相も変らぬゴロツキぶりを見せるシナ(CHINA)やら朝鮮やらの言いなりになるユネスコへの対処としては、分担金の即時支払い停止と、記念遺産登録の根拠の開示・精査を求めるのが、最も妥当な日本のとるべき道。

この動きに文句を付けたTBSのキャスター(?)がいたらしいが、ブルーリボンを侮辱したテレビ局らしい姿。

観念したら? 「民主党」の党是はポピュリズムでも

2015/09/16 産経ニュース クリップ

元記事へのリンクはこちら
  ↓
http://www.sankei.com/politics/news/150915/plt1509150027-n1.html

上記、ヒゲの隊長の“暴露”は傑作だ。
このタイミングで、さすが、である。

民主党がポピュリズムだけで成り立った政党であることは、あの悪夢の民主党政権時代に誰の目にも明らかになった。
この期におよんで、国会前に動員された赤い集団を前にした民主党の岡田克也が、「8割の国民が今でも説明不足だと言っている。1億人だ。今国会での安保法案成立に反対が6割、7000万人だ」、「私たちの後ろには7000万人、1億人がいる。民意をしっかり体現していくために一致団結して努力しよう」と述べたらしいが、選挙で大敗して大幅に議席を減らしたという現実の民意には目をつぶり、いまだに都合よく実態の無い空想の「民意」を持ち出す醜態には、「やれやれだぜ」
(引用元→http://www.sankei.com/politics/news/150916/plt1509160028-n1.html)

雑音を奏でる赤い連中は、「俺はこんなに雑音を立てた」って周囲に触れ回れればそれで満足なのだろうから、もうそろそろ退去してもらってもいいだろう。
ここは平和な民主主義国家の日本だ。
君たちを背後で操り、君たちが崇めるシナ(CHINA)の「天安門」のようにはならない「平和国家」だから、何を言っても安全な場所で、安心してカッコつけたまえ。

独立国家としての自衛権を確保するのは当たり前の話。
拉致被害者の救出をはじめとする国民の安全確保、国土の防衛、外交交渉も、全て我が国に「力」があって成り立つのだ。

我が国の平和の為に、
サクッと採決して、早急に法案成立してもらいたい。

プロフィール

田ノ坂 斗人

Author:田ノ坂 斗人
美シキ日本ノ生活ノ為ニ

最新記事
フリーエリア
--------
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも一覧

青森日台交流会 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク